“どす黒い心”に自己嫌悪のあなたへ心理師が助言する「チビチビ作戦」とは?

 

何が言いたいかというと、押し殺して苦しくなっている気持ちを、正当に解放すること。そして、周囲に抱いている
「私を舐めんなよ」
の感情を、暴発させることなくとにかく小出しにしていくのです。難しい?

いやいや、それだけのどす黒さを抱えて、今までチラリとも見せずに演じ切ってきた名女優のあなたです。少し演技の路線変更をするだけです。おっとりニコニコだけのアイドルから、「この人、こんな深みのある、裏表使い分ける役ができる女優になったんだ」に変わるだけです。

自分の抱えている重たいどす黒いものの袋の底に穴をあけて、普通に歩きながらチビチビ出していくのです。この「チビチビ」が肝心です。一気に「ドバッ」と出すのはあまりいい手ではありません。

多分周りはあなたが出した少量の毒気とか黒さ……個人的には、私はそれが毒とも黒さとも思いませんが、あなたの周囲の人はおそらくそう見えるでしょう……に最初に気づいたとき、「えっ?」と思うでしょう。

「気のせい?」と思うかもしれません。でも、それをじわじわと浸透させていくうちに、「あ、なんかN子さん怒らせたらヤバいかも」となっていきます。というより、なっていくように仕込んでいくのです。

まずは3か月、チビチビ作戦やってみませんか?3か月後、ご自身の気持ちが少しでも楽になっていれば、それは周りの人もあなたを見る目が変わってきているということになるのではないかと思います。

世の中を「アドラー心理学」で見るためのヒントが満載、永藤かおるさんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

image by: Shutterstock.com

永藤かおるこの著者の記事一覧

有限会社ヒューマン・ギルド 取締役研修部長 公認心理師(登録番号: 29160号) 。日本アドラー・カウンセラー協会認定シニア・アドラー・カウンセラー。日本アンガーマネジメント協会認定 アンガーマネジメント・ファシリテーター 平成元年 三菱電機株式会社 入社。その後、ビジネス誌編集、語学専門学校専任教師など、20年以上にわたるビジネス経験を経て、自身が働く中で壁に当たった際に出会ったアドラー心理学を修得。 現在、日本におけるアドラー心理学の一大拠点であるヒューマン・ギルドにて、アドラー心理学研修講師(企業・自治体、教育機関、個人等)、カウンセリング、書籍執筆などを担当。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料お試し登録はこちらから  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 公認心理師永藤かおるの「勇気の処方箋」―それってアドラー的にどうなのよ― 』

【著者】 永藤かおる 【月額】 ¥440/月(税込) 初月無料 【発行周期】 毎月 第2金曜日・第4金曜日

print
いま読まれてます

  • “どす黒い心”に自己嫌悪のあなたへ心理師が助言する「チビチビ作戦」とは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け