フリースの大ヒットから20年。ユニクロ柳井正氏に学ぶ「経営理念」とは?

Bangkok , Thailand - March 13,2021 : uniqlo logo sign against blue sky at the front of Uniqlo store in Thailand. Uniqlo is a large chain of casual clothing stores in Asia.
 

柳井氏の考え方の変化

さて、「一勝九敗」から20年近く経ちました。その頃の売上約3,400億円から2兆1,300億円にまで成長しています。柳井氏の考えは、どのように変化しているでしょうか。それとも、変わっていないでしょうか。

ここに、2021年3月のハーバードビジネスレビューに載った柳井氏のインタビュー記事があります。その中の言葉をいくつか拾ってみましょう。

自分たちが信じることを成し遂げるためには、事業を通じて収益をあげ、社員を教育しながらチームとともに前進することで、組織として成長を続ける必要があります。そのためには計画と準備が不可欠です。毎日毎日、愚直に計画を見直し、入念な準備を行うことが、本来の仕事というものではないでしょうか。

『一勝九敗』と比較すると、「社員の教育」「チームとともに」ということばが加わっています。より人を重んじるようになっているのでしょうか。

「ビジョン」の話も出てきます。

経営者は、会社が将来どうありたいかということと、現実の事業をどう回していくかということ、どちらか一方ではなく両方を考えなければいけません。

「ビジョン」と「現実」を同時に考えることが必要だということです。経営者は、どちらかに偏ってしまいがちですからね。

そして、経営の本質について、こう言っています。

時代がどれだけ変わっても、経営の本質は変わりません。教科書に書かれている小手先の経営戦略をいくら身につけたところで、何かを得られることはない。

なかなか、厳しい言葉ですね。柳井氏は経営の教科書をしっかり学んでいるはずです。そのうえで、あえてこう言っています。経営者は、経営の本質を深く考え、実行して身につけよということでしょうか。

いかがでしょうか。20年経って、表現は少し違っていても、柳井氏の考えの本質は変わっていないことが分かります。結局は、なりたい会社の姿を明確にし、社員とともに実行していくということに尽きます。

経営者に必要なのは、その意志の強さです。そうでなければ、ここまで会社を引っ張ってくることはできません。そんなことを柳井氏の言葉から学ばせてもらいました。

■今日のツボ

・経営者とは、目標を持ち、計画を立て、成長させ収益をあげる人
・経営で最も重要なのは「ビジョン」を持つことである
・時代がどれだけ変わっても、経営の本質は変わらない

image by:Apisit pornpanyanukun / Shutterstock.com

梅本泰則この著者の記事一覧

ワン・トゥー・ワンコンサルティング代表。スポーツ用品業界での経験と知識を生かし、業界に特化したコンサルティング活動を続ける。
スポーツ用品業界在籍33年の経営コンサルタントが、スポーツショップの業績向上法について熱く語ります。スポーツショップのために書かれた、日本初のメルマガです。ここには、あなたのお店がかかえている問題を解決するヒントがいっぱいです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ! 』

【著者】 梅本泰則 【発行周期】 週刊

print
いま読まれてます

  • フリースの大ヒットから20年。ユニクロ柳井正氏に学ぶ「経営理念」とは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け