コメントを返すなら全員に、もちろん“いいね”も押す。ビジネスのSNS運用で注意すべきこと

Social,Networking,Service,Concept.,Social,Media.,Sns,App.
 

ビジネスをするうえでもはや必須となったインターネットでのマーケティング。特に販売業の人たちは商品紹介だけでなく、SNSでお客様と繋がることは強みにもなりますよね。無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんはSNS活用のヒントとやらないほうがいいことについて語っています。

SNSで反応が無ければお客様は寂しい

商売をしていれば、ほとんど避けては通れないのがインターネットとの付き合いです。

一時期のボッテガヴェネタのように戦略的にインターネットとの関わりを避けるというやり方もありはしますが、一般論として今の時代にネットを切り離すというのはかなり難しいですよね。

インスタやXといったSNSをはじめ、ここ数年は「Googleの口コミが重要」など言われていて、店側としては何から手をつければいいのかわからないと悩んでしまうものにもなっています。

とはいえ、知らぬ間にどこかで口コミをつけられていることも多いわけで、今は本当に大変だなと感じます。

こうしたネットとの付き合いの中で、例えばSNSを活用していたりすると、お客様からコメントをもらえることがあります。

すでに利用してくれているお客様もいれば、これから利用してくれる可能性を秘めたお客様候補の方が見てくれるというのがSNSの特徴でもあるわけです。

そういう方からのポジティブなコメントは励みにもなるものですよね。(ネガティブはアレですが)

さて、こういうコメントがもらえた時、あなたのお店ではどうしているでしょうか。

もう少し具体的に聞くなら、『どんなリアクションをしていますか?』ということです。

ここの考え方って色々あるとは思いますが、大規模事業をやっているのではなく小規模~中規模だった場合は、僕は個人的にリアクションをしっかり取っていくことが求められると思っています。

SNSに写真なんかをアップしてお客様からコメントがあった時には、そのコメントにいいねを押してみたり、コメントを返していく。

こういう丁寧さは必要なのです。

なぜかというと、そもそもSNSがそういうものだからと言えるのかもしれません。

print
いま読まれてます

  • コメントを返すなら全員に、もちろん“いいね”も押す。ビジネスのSNS運用で注意すべきこと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け