遂に海軍も参戦。ロシア在住25年の識者が予見する「プーチンの野望」

shutterstock_168061295
 

空軍に続き、海軍もシリア領内のイスラム国の攻撃に加わったロシア。プーチンの狙いはどこにあるのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係アナリストの北野幸伯さんは、「プーチンはアメリカの覇権を終わらせたがっている」とし、これからロシアが取るであろう戦略を大胆予想しています。

プーチンがアメリカにとどめを刺す方法

今日は、「プーチンがアメリカにとどめを刺す方法」についです。

ロシアによるシリア・イスラム国攻撃、真剣度が増してきました。空爆だけでなく、海軍も攻撃を開始しています。

カスピ海からミサイル発射=シリア攻撃、一気に拡大―ロシア
時事通信 10月7日(水)21時0分配信

 

【モスクワ時事】ロシアのショイグ国防相は7日、ロシア海軍の4隻が同日朝にカスピ海から巡航ミサイル26発を発射し、シリア領内の過激派組織「イスラム国」の11拠点を攻撃したと明らかにした。

 

南部ソチで、プーチン大統領に報告する様子を国営テレビが伝えた。

 

これまでの空爆作戦から軍事行動を一気に拡大させた。

 

ロシアは9月30日、同組織と戦うアサド政権を支援する名目で、シリア西部ラタキアの空港を拠点に空爆を開始。

 

プーチン大統領は「地上作戦は行わない」と説明しているが、海軍も参戦させたことで、ロシアの「対テロ」作戦は新たな段階に入った。

プーチンらしいやり方です。

米軍は、1年以上もイスラム国を空爆しつづけ、まったく何の効果もありませんでした。むしろイスラム国の支配地域は拡大し、シリアのアサド政権をおびやかすようになってきた。それでロシアは、「アメリカは、イスラム国をアサド打倒のために利用している」と見ているのです。

一方ロシアは、「中東の事実上の同盟者アサドを守る」という目的がはっきりしているので、ガンガンやっています。

さて、今回は、「こうすればプーチン、アメリカにとどめを刺せるよね」という方法について。もちろん、私の空想です。空想ですが、「ありえるシナリオ」でもあります(私自身は、アメリカの完全没落を願っていません。対中国で日本が困ることになるからです。世界経済もメチャクチャになるでしょうし)。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 遂に海軍も参戦。ロシア在住25年の識者が予見する「プーチンの野望」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい