連休は「動物園」と「お祭り」どっち行く?子供がムリなく選べる裏技

shutterstock_334004168
 

まだ小さいお子さんに、例えばAとBのどちらかを選ばせる状況って意外と多いものですよね。でも…、その選択肢をいまいち理解できないお子さんから何度も同じことを聞き返されてイライラして、結果的に親が決めてしまうなんていう経験、ありませんか? 無料メルマガ『子どもが育つ「父親術」』では、子どもに2択の質問をする時のとっておきの方法が紹介されています。

プランAとプランB

今日のテーマは、子どもに2択の質問をするときの方法についてです。単純な2択であれば、話は簡単。「リンゴとミカン、どっちにする?」で済みますよね。

しかし、情報量が多くなると急に難しくなります。例えば、連休の過ごし方で子どもの希望を聞く時など。

「おばあちゃんちに行くなら、2回くらいお泊りしよう。動物園にも行けるし、温泉もあるね。あと、大きなお店もあるから靴も買えるよ」

「児童館のお祭りに行きたいなら、家で過ごすしかないな。でも家にいれば、ヨーコちゃんに誘われてたバーベキューにも行けるし、パパと自転車の練習もできるね。あ、靴はこっちでも買えるから大丈夫だよ」

このように、複数の要素で構成されたプランAとプランBについてどちらが良いか聞く時には、すこしワザを持っていた方が、コミュニケーションはだいぶスムース取れるものです。

基本のスキルは、

  • 各プランを明確に分ける
    ─ 例えばAの説明とBの説明を続けざまにはしないで、数秒ほど間を置く
  • 各プランの構成要素は、必ずひとかたまりで話す

ですが、子ども向けに特に有効なスキルをもう1つご紹介します。それは「2つの物語して語るです。

「青ずきんちゃんは、保育園がお休みの日に、おばあちゃんの家に遊びに行きました。夕方、おばあちゃんの家に着くと、テーブルにはもうご馳走が並んでいました。

次の日、朝から動物園に行きました。夜には、青ずきんちゃんが大好きな温泉にも連れて行ってもらいました。

その次の日はゆっくり起きて、朝ごはんの後に大きなお店に行き、靴を選んで買ってもらいました。そしてそこから駅まで送ってもらい、お家に帰ってきました。めでたしめでたし」

「白ずきんちゃんは…」

「でね、ユリは明日から保育園がお休みなんだけど、青ずきんちゃんみたいに過ごすのと、白ずきんちゃんみたいに過ごすのと、どっちがいい?」

印刷する

人気のオススメ記事

  • 連休は「動物園」と「お祭り」どっち行く?子供がムリなく選べる裏技
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい