NHKでも大反響。老朽化で買い手がつかぬ「限界マンション」の惨状

shutterstock_579765154
 

過疎化が進み高齢者ばかりになった限界集落が社会問題となって久しいですが、高齢化の波は都会にも押し寄せています。近年問題視されているのが、老朽化が進み改修もままならず買い手もつかない管理不全マンションです。無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者でマンション事情に詳しい廣田信子さんは、最近「限界マンション」と呼ばれるこのような建物がなぜ生まれてしまうのかを考察するとともに、京都のとあるマンションが行う「管理不全に陥らないための取り組み」も紹介しています。

「限界マンション」???

こんにちは! 廣田信子です。

5月13日のNHK「おはよう日本」見ましたか? 「限界マンション」がテーマでした。NHKの定義では、「限界マンション」とは、老朽化が進み管理や修繕が行き届かず価格を下げても買い手がつかないマンション。2月にNHKの取材班が、「管理不全マンションの取材をしたいので、取材できそうなところを教えてほしい」と来られたときのものが形になって番組になったのか…と見て気づきました。

こんなにひどいマンションがあります…の事例が、リゾートマンションや特殊事情のあるマンションになってしまうのは、仕方がないのかな…。でも、脅すだけでなく、対応策も示していたのは、番組としてはバランスがとれていたのかな…と。

印刷する

人気のオススメ記事

  • NHKでも大反響。老朽化で買い手がつかぬ「限界マンション」の惨状
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい