誰が言ったか。たい焼きには天然物と養殖物があるらしい

tane20171116
 

寒くなってくると食べたくなるアツアツの「たい焼き」ですが、実は「天然物」と「養殖物」の2種類あることをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では著者の須田將昭さんが、それぞれの違いとその美味しさを紹介しています。

天然物と養殖物の違い

以前のメルマガの後書きに、たい焼きには天然物養殖物がある、というお話を書きました。とあるたい焼き屋さんの看板に「天然物」と書かれていて、ずっと気になっていたのでした。

そしてなんという偶然か、メルマガの原稿を書いた次の日、そのたい焼き屋さんを目にすることに。試してみないといけません。何が違うか確認しないといけません。

そのたい焼き屋さんの説明では、たい焼きの調理具の違いに基づくとのこと。鉄板にタイの型で凹みがあってそれがたくさん並んでいるタイプ。これを「養殖物」と呼びます。

一方、一匹一匹丁寧に焼く一丁もの」の調理具を使うのが「天然物」だそうです。一丁ものの鉄板だと、皮が薄くパリッと仕上がり美味しさも段違い…だとか。確かに「養殖物」のたい焼きは、皮が分厚く柔らかいのですが、「天然物」は、薄くパリッとしていて、アンコのホクホクさがさらによく伝わるように思いました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 誰が言ったか。たい焼きには天然物と養殖物があるらしい
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい