ハンドル握ると人格豹変?日本で急増する普通の人の交通トラブル

探偵 保険 詐欺
 

以前掲載した「国民のイライラが大爆発。いま中国で急増する「路怒症」とは?」という記事で中国のドライバー事情を知り、「日本に住んでて良かった」と思われた方も多いかもしれません。しかし、人気メルマガ『伝説の探偵』の著者で現役の探偵である阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんによると、近ごろ日本国内でも「事故ではない交通トラブルが目立つようになった」とのこと。その実態を、ある方の体験をもとにリアルな事例として紹介しています。

事故でもない交通トラブルが目立つ

Aさんは会社帰りに、病院に入院した家族の見舞いをしてから、買い物などの用事を済ませて自家用車で帰路についた。

時刻は19時ごろ。

Aさんは永代通りを北上中、後方の車のライトがアップライトで異様なほどのスピードで近付いてくるのがわかった。永代通りは片側3車線あり、左側1車線は路上駐車している車が多い。

Aさんは、方向指示器を左側につけ、後方の車を避けようとしたがまだ車間に余裕がある状態なのに後方の車はAさんの車の後方にピッタリとつけた

東陽町を過ぎ、木場を過ぎたあたりまで、後方の車の煽り運転は止まなかったが、門前仲町駅のあたりで、信号が赤になり停車した。

「なんだかわからないが、いずれ抜いていくだろう」

そう思って、Aさんは信号待ちで、ミラー越しに後方の車の運転手を確認したが、丸顔の頬の肉の垂れたおじさんだった。

Aさんとしては、最近よくある交通トラブルのようなものに巻き込まれるのは嫌だったため、しばらく走ったところで、一番左車線に避け駐車をしてやり過ごそうと考えた。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ハンドル握ると人格豹変?日本で急増する普通の人の交通トラブル
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい