ユニクロ社長の座を蹴った男が仕掛ける「ファミマ」大改革の全貌

ファミリーマート カンブリア宮殿
 

おなじみのファミリーマートがサンクスと経営統合し、「新生ファミリーマート」に進化を遂げようとしています。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。今まで有名企業の改革を成功させ、経営のカリスマとして知られるファミリーマート・澤田貴司社長が、商品開発や働き方改革への取り組みを明かしています。

ファミマが大変身!? 攻めている商品が続々

東京・新宿の路地裏にある知る人ぞ知るスイーツの名店「ケンズカフェ東京」。商品は「ガトーショコラ」(3000円)たった一種類。しかも長いときは予約1ヵ月待ちだという。世界最高峰のチョコレートメーカーが、この店のために特別に調合したチョコを使用。1日限定300個の究極の逸品だ。「食べログ」の人気チョコレート店のランキングで5年連続首位になるなど、数々の賞を総なめにしてきた。

そんな究極の「ガトーショコラ」を生み出した氏家健治シェフが、その技でよりお手頃価格の商品を開発した。ファミリーマートとコラボして生まれた「ショコラタルト」(165円税別)。カカオ80%のチョコを使った大人の味わいだ。

「濃厚、ビターでありながらも軽やかな食感。旨味。すべてを感じられるように設計しています」(氏家さん)

ファミマはスイーツに定評がある。最近人気が高いのが「ダブルクリームサンド」(135円)。ふわふわ食感の生地にカスタードとホイップ、2種類のクリームをサンドした。

男性陣に人気が高いのが「窯出しとろけるプリン」(128円)。毎月100万個を売るヒット商品だ。

一方、東京・品川区ではコンビニ「サンクス」品川シーサイド店がファミリーマートに生まれ変わっていた。1ヵ月の改装を経てリニューアルオープン。オーナーの荻野年一さんによれば、転換したことで売り上げは20%アップしたという。

去年9月、ファミリーマートとサークルK・サンクスが経営統合。全国5000店のサークルKとサンクスが猛スピードでファミリーマートに転換しているのだ。サークルK・サンクスとのブランド統合によって、店舗数は1万7921店(2017年8月末)と、業界3位から2位に。数の上では首位セブンイレブンを視界に捉えた

2006年の発売以来、累計10億個を売り上げるファミマの看板商品、フライドチキンの「ファミチキ」。この「ファミチキ」で、最近ファミマが変わってきたという声もある。 

6月から流れているCMでは「ファミチキ先輩」という情熱キャラの店員が主人公になっている。「ファミチキ先輩」のポスターのモデルを務めているのが社長の澤田貴司(60)だ。「ファミチキ先輩とかやっていますが、これは小出し。もっと行きますよ、がつんがつん。大改革します」と言う。

就任して一年。澤田が率いるのは年間売上高3兆円、国内スタッフ20万人のマンモス企業だ。攻めに出た澤田は、まずはあのライザップと商品でコラボ。スイーツばかりか、パスタやラーメンまで糖質を減らし、健康志向に応えた。

さらにレジ横でも攻める。「ファミ横商店街」と名付け、売れ筋の「ファミチキ」や、サークルK・サンクスのヒット商品だった「焼きとり」などをずらりと並べ、客の目を引くしつらえに。その結果、レジ横の売り上げは20%アップした。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ユニクロ社長の座を蹴った男が仕掛ける「ファミマ」大改革の全貌
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい