内閣支持率が10ポイント急落。遠のく改憲、近づく安倍政権の終焉

takano20180319
 

やはり森友学園を巡る決裁書の書き換え問題に納得がいかない国民は多いのでしょうか、週末に行われた各社による世論調査で安倍内閣の支持率が急落、政権運営に黄信号が灯りはじめたと見る向きもあります。ジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』の中で、「安倍首相はこのままでは9月の総裁選に立候補すら出来ないのではないか」との見方を示すとともに、首相が探り始めた「日朝首脳会談」について「国民を欺く目眩ましにすぎない」と厳しく批判しています。

※本記事は有料メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』2018年3月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール高野孟たかのはじめ
1944年東京生まれ。1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任。2002年に早稲田大学客員教授に就任。08年に《THE JOURNAL》に改名し、論説主幹に就任。現在は千葉県鴨川市に在住しながら、半農半ジャーナリストとしてとして活動中。

内閣支持率が一気に10ポイント前後下落、不支持と逆転──いよいよ黄信号が点滅し始めた安倍政権の前途

マスコミ各社が先週末に行った世論調査で、安倍内閣の支持率は軒並み10ポイント前後も下落して30%台に突入、不支持率はそれ以上に跳ね上がって支持率を大きく上回る結果となった。不支持の理由のトップは揃って「安倍首相の人柄が信頼できない」である。

安倍政権の前途には黄信号の点滅が始まったということで、今週以降の佐川宣寿=前国税庁長官などの証人喚問などを通じて、黄信号から赤の点滅へと急速に推移していく可能性が出てきた。

各社調査の主な項目の比較

      共同     時事     毎日    日本TV
支持率   38.7(-9.4)  39.3(-9.4)  33(-12)  33.3(-10.7)
不支持率  48.2(+9.2)  40.4(+8.5)  47(+15)  53.0(+15.7)

安倍不信  49.5     25.2(+8.8)  51     43.2

麻生辞任  52.0            54     60.8
昭恵喚問  63.3            63     65.8

安倍退陣  43.8            55
安倍続投  47.6            29

印刷する

人気のオススメ記事

  • 内閣支持率が10ポイント急落。遠のく改憲、近づく安倍政権の終焉
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい