なぜ、たとえ話が上手な店員は、モノを売るのも上手いのか?

shutterstock_644364241
 

「たとえ話がうまい人は販売が上手な人」とするのは、接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。たとえ話と接客、どんな関係があるのでしょうか? 坂本さんが自身の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の中で明かしています。

たとえ話が上手な人

世の中には、たとえ話が上手な人がいますよね。

「〇〇ってどういうことなの?」
それはね、□□に例えて言うと…

みたいな話がサラッとできて、的を射ている人のことです。これが上手な人は、とても販売が上手な人でもあります。なぜなら、聞く人(販売ではお客様)にとって、理解しにくいことが理解しやすくなる、要は実感や共感がしやすくなるからです。

商品を販売するということは、その商品の魅力をいかにうまく伝えられるかが鍵となります。ですが、ただ商品の魅力を伝えようと思っても、どうしても専門用語や、専門知識でなければ伝えようがない場合もありますよね。

しかし、人というものは、自分の興味があることや経験したことがあることなどでないと、なかなか情報が頭に入ってきません。聞いたこともない言葉や知識を、いくら説明されても、よくわからないので、せっかく説明をしても、魅力が5割程度しか伝わらないなんてこともままあります。

それらを相手が理解できる言葉に訳してたとえられると、100ある魅力のうち50しか伝わらなかったものが、100もしくはそれ以上伝わるようになり、購買意欲に働きかけることができるわけです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ、たとえ話が上手な店員は、モノを売るのも上手いのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい