インドを1年半かけて歩いた男が、唯一警察に通報したチキンカレー事件

Dmitry Kalinovsky/ShutterstockDmitry Kalinovsky/Shutterstock
 

テロ組織の拠点に足を踏み入れたフランスで路上強盗に襲われたりとありえない体験ばかりをしているあるきすと平田さんが今度はインドでブチ切れてカレー屋で大立ち回り!けれどもその理由がもも肉と手羽先って……。

あるきすと平田とは……

ユーラシア大陸を徒歩で旅しようと、1991年ポルトガルのロカ岬を出発。おもに海沿いの国道を歩き、路銀が尽きると帰国してひと稼ぎし、また現地へ戻る生活を約20年間つづけている、その方面では非常に有名な人だったりします。普通の人は何のために……と思うかもしれませんが、そのツッコミはナシの方向で……。

第5回 暑くて辛くてしつこいインド編 その1

『あるきすと平田のそれでも終わらない徒歩旅行~地球歩きっぱなし20年~』第5号より一部抜粋

なぜインドはあんなに暑くてインドカレーはあんなに辛くてインド人はあんなにしつこいんだろう。そしてインドを長く旅するとその暑さや辛さやしつこさに感染するというか、インド化・インド人化がヒタヒタと進行し、気づいたときには「オレ、なにやってんだろう?」状態に陥っている。正であれ負であれインドはインパクトが強烈で、海外旅行ビギナーは要注意ですよー。

首都ニューデリーの安宿で会った日本の男子大学生からこんな話を聞いた。

「彼女とふたりで1週間の予定でインドに来たのに、彼女、たった1日で帰国しちゃって」

ふたりでテレビの旅番組を見てインドに興味を抱き、生まれて初めての海外旅行先にインドを選んで飛行機でカルカッタ(現コルカタ)に入った。中部インドのお釈迦さまの足跡をたどったあとアグラでタージ・マハルを観光する人気コースを1週間かけて旅行して、ニューデリーから帰国する予定だったそうだ。

「なのに、入国してコルカタの街なかを半日ぶらついただけで彼女ものすごく不機嫌になって、翌朝の便で帰っちゃったんですよ。滞在時間たったの24時間。
『市内を半日歩いただけで鼻の穴が真っ黒になるしインド人はしつこいしカレーは辛いし乞食がいっぱいいるし。もうなにもかもイヤだ!』って言って。だからそのあと僕はひとり旅だったんだけど、インド、めちゃくちゃ好きになりました」

そう、インドはハマるヤツと嫌うヤツにまっぷたつに分かれる国なのだ。たぶんふたりは帰国後、「性格の不一致」でまっぷたつになったことだろう。

過積載だっちゅーの。なので交通事故も多発

過積載だっちゅーの。なので交通事故も多発

また、別の日本人バックパッカーは3ヶ月間の長旅後、こんな一句を残して帰国した。

「インド人 脳みそあるけど ツルッツル」

誤解を恐れずにいうなら、上の一句に激しく同意、ツル同、いやハゲ同なんである。

そして僕はそんなキョーレツで摩訶不思議な国インドを1年4ヶ月間かけて、西隣のパキスタンとの国境から、あの逆三角形のインド亜大陸の形にほぼ沿うように6484キロを1ミリの途切れもなくすべて徒歩で旅し、東隣のバングラデシュへと歩いて出国した。

今回は、現地で出会った「脳みそあるけどツルッツル」なインド人たちを紹介しながら、インドの徒歩旅行を振り返ってみたい。

サーカス見物。前から3列目なのにターバンが邪魔でよく見えん

サーカス見物。前から3列目なのにターバンが邪魔でよく見えん

僕のインド入国は1994年1月16日。パキスタンのラホール郊外からインド北西部のパンジャブ州アタリの国境を越えた。もう17年以上も前のことだ。冒頭、インドは暑いと書いておきながら、さすがに1月、ヒマラヤ山脈まで直線で200キロの地は肌寒く、しばらくは長ズボン長袖シャツ姿で、それにからだの前後にデイパックとリュックサックを担いだサンドイッチマンスタイルでの歩き旅になった。しかし暑いより寒いほうが快適に歩けるというもの。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • インドを1年半かけて歩いた男が、唯一警察に通報したチキンカレー事件
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい