真田丸でもああだったけど…なぜ石田三成は家康に勝てなかった?

 

何と言うのでしょうか。頭だけじゃない、論理だけじゃない、もっと気持ちの部分というか、ハートの部分というか、そういう機微をすくい取るところがあるかどうかが、関ヶ原の命運を分けたのだろうなと感じます。

そして何よりも、三成には可愛げが無かった

司馬遼太郎は三成を比較的、好意的に扱っていますが、それでも可愛げが無いところを書かざるを得なくなるぐらいに、可愛げが無い。読んでいても、「これはムッとするよね」と思うことがしばしば出てきます。

頭が良ければ正義を貫けばリーダーになれるわけでもない。

リーダーとなるには何が必要か…能力はさることながら、可愛げが必要なんだろうなと、読み返す度に思います。

周りを見渡したとき、なぜか人を引きつける人はいませんか。今日は、その人の可愛げを観察してみませんか?

 

 

1日1粒!『幸せのタネ』この著者の記事一覧

「楽しく豊かな人生」を送るために役立つさまざまな気づきを,「学び」をキーワードに「幸せのタネ」として毎日お届けします。 心の土壌に「幸せのタネ」を蒔いているうちに,芽が出て,本葉が広がり,いつしかあなたの人生を楽しく豊かなものにかえていくはずです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 1日1粒!『幸せのタネ』 』

【著者】 1日1粒!『幸せのタネ』 【発行周期】 日刊

print
いま読まれてます

  • 真田丸でもああだったけど…なぜ石田三成は家康に勝てなかった?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け