京都の冬を愉しめてこそ大人。夜の古都が光に浮かぶ嵐山花灯路へ

shutterstock_535020976
 

多くの人々の心を癒やした京都の紅葉も見頃を終えつつあり、古都は冬支度を整え始めました。そんな京都の嵯峨・嵐山で12月8日より開催されるのが、嵐山花灯路(はなとうろ)。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者の英学(はなぶさ がく)さんが、この幻想的な催しの見どころを紹介しています。

嵐山花灯路

紅葉の時期が終わると、京都では嵐山花灯路が開催されます。これは私も大好きなイベントで、初めて行った時はあまりに幻想的なイルミネーションに圧倒されました。

嵐山花灯路は嵯峨・嵐山エリアの寺社仏閣、山や竹林などを光で彩る和のページェントです。「日本に京都があって良かった」と思えるようなとても情緒あふれるイベントです。路地一帯には無数の行灯が観光客の足元に灯り独特の雰囲気を醸し出し訪れた人のムードを高めています。普段は静かな寺社仏閣や、竹林、渡月橋などが幻想的にライトアップされ、これらのスポットを散策するのが定番のコース。昼間とは全く違う顔を覗かせてくれる嵯峨・嵐山エリアの冬の夜をご案内します。

まず嵐山花灯路がライトアップするのは、辺りが薄暗くなり始める17時からです。この時期は冬至に近いこともあって1年で最も夜が長い時なので思う存分ゆっくりと楽しむことが出来ます。時間に余裕があれば是非早めにいって、昼間の嵯峨・嵐山を堪能して下さい。昼間と夜のギャップを楽しむことが出来ると思います。例えば昼間の竹林の小径は青々とそびえ立っていますが、ライトアップされた竹林は黄金に輝いています。まるでかぐや姫が生まれてくるかのようですよ。

●開催日程

  • 日程:2017年12月8日(金)~12月17日(日)
  • 時間:17:00~20:30

※雨天でも「灯りと花の路」「いけばなプロムナード」は実施。

●開催場所

  • 嵯峨・嵐山エリアで開催

●アクセス

京都駅からはJRが、市内中心部からは阪急の利用が便利

 電車

  • JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車
  • 阪急電鉄嵐山線「嵐山駅」下車
  • 京福電鉄嵐山線「嵐山駅」下車

 バス

  • 市バス28系統「嵐山天龍寺前」下車
  • 京都バス71、72、73、83系統「嵐山」「野の宮」「大覚寺」下車
印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • 京都の冬を愉しめてこそ大人。夜の古都が光に浮かぶ嵐山花灯路へ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい