ガツガツ声かけず自由に店内を見せる店員に人が集まる当然の理由

shutterstock_512926561
 

お店に入った途端、店員さんにガツガツと声をかけられ、たまらず店を出た…なんて経験、ありませんか? 無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんは、「そんな接客はイマドキ望まれていない」として、相手にストレスを与えない声かけ法について伝授しています。

一声かけて関係性を作る

以前、あるお店に入店した時に、最初に販売員の方が声をかけてきて、お店の見方の説明をしてくれたことがあります(「どこに何があって」とか、「扱っている商品はこんなもので」といった説明だったと記憶しています)。

その販売員の方は、軽く説明をしてくれた後、「ゆっくりご覧くださいね」とだけ言い残して、離れていきました。

とても印象の良い笑顔で説明してくれたのですが、そこから一気に売り込んでくるわけではなく、あとは自由に店内を見せてくれたわけです。

おかげで私は、ゆっくり好きに商品を見て回れて、気になることがあったら、販売員の方に質問して、かなりストレスなく滞在することができました。

このスタイルって、すごく良いなと思います。

今時、あまりガツガツと声をかけてこられることを望むお客様は多くありません

自分で見て回るのが面倒だとか、販売員にお任せした方が楽だという方も、いるにはいらっしゃいますが、極少数でしょう。

しかし、だからと言って、まるっきり声をかけずに、お客様がアクションを起こしてくれるのを待っているのも少し違うと思うのです。

このやり方だと、お客様は何か質問したくなったり、試してみたくなったりしても、イチから販売員との関係を作らなければいけなくなってしまいます

これはこれで、ストレスがかかることではないでしょうか。

そうではなく、最初に一声かけて、販売員とお客様との間に、「会話をした」「とりあえず顔を合わせた」くらいの関係性ができると、その後、お客様もアクションを起こしやすくなってきます。

冒頭のお店では、確かに私自身、声をかけやすくなりました。

気になる商品があれば、最初に声をかけてくれた販売員の人に「これって何ですか?」と質問ができる。

試してみたい商品があれば、最初に声をかけてくれた販売員の人に「試してもいいですか?」と聞ける。

これが本当に楽だったんですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ガツガツ声かけず自由に店内を見せる店員に人が集まる当然の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい