習近平に絶縁宣言。中国を潰し台湾を守る決意を固めたアメリカ

kitano20181011
 

9月26日、トランプ大統領は国連安全保障理事会で「中国が米の中間選挙に干渉している」と習近平国家主席を名指しで非難し、友好的関係を撤回してしまいました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、米中貿易戦争開始からわずか1年間で急展開を迎えた米中関係が北朝鮮、台湾や尖閣諸島利用の覇権戦争へ発展する可能性を指摘するとともに、今後日本が取るべき対応について解説しています。

トランプ、「習近平はもう友達ではない!」

先日の「恋に落ちたトランプ大統領、意外な相手は???」では、トランプさんが、「金正恩と恋に落ちた!」と宣言しているという話をしました。去年は、「チビデブロケットマン!」と罵倒していたのに、すごい変化です。その一方で、「もう友達でない!と宣言された首脳がいますそう習近平さん。

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は26日、国連安全保障理事会(UN Security Council)の会合で、中国が11月の米中間選挙に干渉しようとしていると批判した。同日の記者会見では、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席との友好な関係は終わったかもしれないと言及した。
(AFP=時事 9月27日)

習近平との友好関係は終わったかもしれない。その理由は、中国がアメリカ中間選挙に干渉しようとしているから。

トランプ氏は自ら議長を務めた安保理会合で、中国による選挙干渉について「彼らは私やわれわれに勝ってほしくない。なぜなら、私が貿易面で中国に対決した初めての大統領だからだ」と発言した。
(同上)

中国は、選挙に干渉しようとしている。中国はトランプや共和党に勝ってほしくない。なぜなら、トランプは、米中貿易戦争をはじめたから。ありそうな話です。

トランプ氏は安保理会合後ニューヨークで開いた記者会見で、習氏について「彼はもう私の友人ではないかもしれない。だが、おそらく私のことを尊敬していると思う」と語った。
(同上)

習近平は「もう私の友人ではないかも」だそうです。

中国の、特にトップは、「戦争は詭道なり」の孫子教徒なので、どこまでがホントかウソかわかりにくいです。なんといってもウソを全肯定している。「いや、戦争中だけの話しでしょ?」と思いますか?ところが彼らにとって、「政治は武器を使わない戦争」「戦争は武器を使う政治」ですから、意識の中では、常に「戦争中」であり、いつも「詭道」(=うそ)が肯定されている。

というわけで、トランプは、去年習近平に会った後、彼のことが「大好きだ!」と公言するようになった。しかし、1年がすぎようやくだまされていた!」と気がついたのでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 習近平に絶縁宣言。中国を潰し台湾を守る決意を固めたアメリカ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい