なぜ、販売員が次々変わるお店はちっとも売上が上がらないのか?

shutterstock_551905858
 

売上げをなかなかあげることができないスタッフがいる場合、経営者や上司として最初に何を改善すれば良いのでしょうか。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では著者の梅本泰則さんが、「販売員各々は貴重な戦力」と認識し一緒に問題点を探ったり、具体的な売上げ目標を提示すること等が店舗全体の活性化に繋がることを解説しています。

販売目標が達成できない販売スタッフ

会社の先輩から、「営業マンはつぶしがきかない」と言われたものです。特に優れた資格や専門技術があるわけではないので職を変えても苦労をするという意味のようでした。

実は、これは逆に言えば、営業マンはその会社にとってなくてはならない存在だということです。これは、お店にとっても同じことです。

販売スタッフがお店にとって重要な戦力であるのは言うまでもありません。そして、それぞれの販売スタッフは、他の人にとって代わることはできません。つまり、かけがえの無い存在です。

どの販売スタッフも、お店の歴史を背負っていますし、お店の文化にも通じています。ですから、今の販売スタッフを大切にするのは経営者の役目です。

そして、次のようなことからも、かけがえの無い存在だと言えるでしょう。

例えば、違った業種のお店で販売をしていた人があなたのお店に移ってきたとします。すぐにスポーツショップの販売スタッフとして力を発揮できることはありません。接客技術が優れていたとしても、商品知識を身につけるにはそれ相当の時間を要するからです。

また、今までの販売スタッフと比べると、圧倒的にお客様の情報に疎いです。販売スタッフとして力を発揮するには時間がかかります

同じ業界から移ってきた販売スタッフも同じことです。例えば、大手のスポーツショップで販売を担当していた人が入ってきたとします。そこでの経験はあなたのお店の運営方法や考え方とは違っていますからお店に適応するには時間が必要です。また、この場合も当然それまでのお客様とは違っていますから、すぐには同じような力を発揮することはできません

つまり、このようなことから、今お店にいる販売スタッフは、かけがえのない戦力だといえるのです。ですから、新しい販売スタッフを雇うのも良いですが、今の販売員の能力をさらに伸ばすことを考えなければいけません。

もちろん、中にはなかなか意にそぐわない販売スタッフもいることでしょう。それでも、決してその販売スタッフをおろそかにしてはいけません。ましてや、辞めさせるようなことがあってはいけません。かけがえのない戦力なのですから。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ、販売員が次々変わるお店はちっとも売上が上がらないのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい