冬に増えるペットの「指間炎」。獣医師が教える家庭でのケア術

shutterstock_1047175309
 

裸足で歩くペットにとって、冬の寒さは人間以上にこたえるようで、獣医師・循環器学会認定医の佐藤貴紀先生は、「指間炎」という病気への注意を促しています。佐藤先生のメルマガ『佐藤貴紀のわんにゃんアドバイス』では、「指間炎」の症状と原因を解説。家庭でできる予防法とやってはいけない危険なケアまで教えてくれます。

犬、猫の「指間炎」は放っておくと危険!

冬になると多く見られる、指と指の間や、肉球の隙間が真っ赤になってしまう病状。これは、「指間炎」と言って、何らかの原因で炎症が起こる病気のことを言います。ただ、ここ数年は、肉球の隙間だけではなく、指と指の間の水かき部分にも「指間炎」の病状は見られているように思います。

放っておくと、炎症を起こした部分が赤く腫れてしまいます。症状がひどい場合には膿んでしまうこともあります。今週はこの病気のことについて、家庭でできるケアも含めてお話させて頂きます。

「指間炎」の原因とは…?

指間炎の原因には、どのようなものが考えられるのでしょうか?地面を素足で歩くことの多い犬にとっては、足や肉球はとてもケガをしやすい場所です。例えば…

  • 足の裏に何か刺さった
  • 肉球のひび割れ
  • 散歩中に何かを踏んだなどの外傷

これらにより傷ができたことが原因で「指間炎」になることがあります。犬、猫は「傷」が気になり舐め始めます。これが、原因で雑菌が繁殖しさらに「炎症」を起こしてしまいます。よって、炎症が悪化しないためには、進行する前の家庭での「ケア」が重要になってきます。

「指間炎」の家庭でできるケア

「指間炎」が進行する前に気付くことができれば、大変な事にはなりません。早期に家庭で、対処することがとても大切になります。特に肉球のひび割れなどは、肉球クリームを塗布するなどの日常ケアで防ぐこともできます。

お散歩の後などは「ぬるま湯」でよく洗い、タオルドライを十分にして、清潔を保つこともとても大切な事です。

まとめ

「指間炎」は本当に注意して欲しい病気です。毛を刈ってしまえばいいと思い、トリミングで足先の毛を全てバリカンで刈り上げてしまうという飼い主さんがいます。これは、危険です。

肉球の隙間までしっかり毛をかきだす様にバリカンで刈り上げるのはチクチクと痒みや違和感を感じることがあります。気になると、特に犬は舐めたり、噛んだりしてしまうため、指間炎になってしまいます。要注意です。

image by: shutterstock.com

佐藤貴紀(獣医師)この著者の記事一覧

satoutakanoriペットは言葉が話せません。痛い時も、嫌な事も飼い主さんたちに伝える事が出来ません。このメルマガでは、そんなペットたちと一緒に快適に過ごす為にはどうしたらいいのか?そして、家庭で簡単に応用できる知識までお伝えしていきたいと思います。病気以外の事も獣医の目線から発信していきたいと思います。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 佐藤貴紀のわんにゃんアドバイス 』

【著者】 佐藤貴紀(獣医師) 【月額】 初月無料!月額864円(税込) 【発行周期】 毎週日曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • 冬に増えるペットの「指間炎」。獣医師が教える家庭でのケア術
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい