子どもにとって親のレシピがすべて。私の母の「煮込みうどん」

shutterstock_762492556
 

冬にうれしい料理の一つ、野菜をたっぷり取れ体も温まる煮込みうどん。子どものころは母親が作る煮込みうどんが「うどん」という料理のすべてだったと懐かしむのは、無料メルマガ『郷愁の食物誌』の著者UNCLE TELLさんです。「母の煮込みうどん」の思い出と、京都で出会ったうどんに衝撃を受けた思い出とが綴られ、この後の展開が楽しみになる「うどんの話」の序章です。

「うどん」えとせとら

その昔の少年時代、うどんといえば母の作った煮込みうどん。このうどんがもうたまらないほど大好きだった。父なんか麺類は嫌いだったけれど、子供たちはよく作ってとせがんだものだ。

釜や大鍋でぐつぐつ煮たうどん。何杯もお替わり、余りに食べ過ぎては翌朝血がみな胃に下がってしまうのか、ひどい頭痛と吐き気に襲われることがたびたびだった。野菜や油揚げが入っていても、あまり肉が入っていた記憶はない

それはあくまで店で売っているゆであげのうどんでなく、手作りの煮込みうどん。とりわけ格別なともいえる味のでもないかもしれないが、大人になっていろいろな店の煮込みうどんを食べくらべた今でも決して忘れられない味、おふくろの味である。

高校を卒業後、京都へ出て行って学食で初めて冷やしうどんを食べた。まだ貧しい時代、外食することも滅多になく、わが家ではうどんとは、オール母の手作りの煮込みうどんのことだった。街で売っているゆであげのうどんでさえ、それ以前食べた記憶もなければ、釜揚げうどんや鍋焼きうどんにも縁がなかった。家族でましてや一人で食堂で食事をとる機会の少なかった時代、料理とは食事のメニューとは、母の作る献立がすべてだった。

shutterstock_445294819

ざるうどん natu, shutterstock.com

もっとも乾麺の冷や麦やソーメンは食べてはいたのだが、ゆで上げの冷やしうどんをつけ汁で食べることは知らなかったので、こういう食べ方もあるのかとちょっとびっくりしたことを覚えている。もっともたまたまそうだったにすぎないが。

なにしろこの冷やしうどん、中身は素うどんにイコールなのだが、なによりも学校の生協の食堂で一番安いし、それなりに味も気に入ってよく食べたものだ。

江戸・東京では蕎麦だが、関西では麺といえばうどんがその代名詞のようだ。京大阪で多分初めて味わったけつねうどん、かやくうどん、しっぽくうどん、鴨南蛮、うどんすきなど印象深い。(つづく)

鴨南蛮 gontabunta shutterstock.com

鴨南蛮 gontabunta shutterstock.com

 

image by: norikko, shutterstock.com

UNCLE TELLこの著者の記事一覧

団塊の世代以上には懐かしい郷愁の食べものたちをこよなく愛おしむエッセイです。それは祭りや縁日のアセチレン灯の下で食べた綿飴・イカ焼き・ラムネ、学校給食や帰りの駄菓子屋で食べたクジ菓子などなど。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 郷愁の食物誌 』

【著者】 UNCLE TELL 【発行周期】 月刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 子どもにとって親のレシピがすべて。私の母の「煮込みうどん」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい