池田教授ほんまでっか?否定された進化論「用不用説」が再浮上

Jean-Baptiste_de_Lamarck
 

フランスの博物学者ラマルクが提唱した進化に関する「用不用説」の考えは、遺伝学の発達により否定され顧みられなくなっていました。しかし最近、使用しなくなった器官の退化、すなわち用不用説の「不用説」を立証するような新たな論文が発表されたと紹介してくれるのは、CX系「ホンマでっか!?TV」でもおなじみ、メルマガ『池田清彦のやせ我慢日記』の著者で生物学者の池田清彦先生です。日本の研究者が発表した注目の論文の内容から何が見えてくるのでしょうか?

リバイバルした?「用不用説」

昔の進化論の本には必ず載っていた「用不用説」。ラマルクが提唱し、実はダーウィンも信じていたのだが、高いところの餌を採ろうとして首を延ばす努力をしているうちにキリンの首は世代を追うごとに伸びていったに違いないとか、ネズミの尻尾を22世代にわたって切り続けたが、尻尾が短くなる兆候は見られなかったとか、トンチンカンな擁護論や否定論のためか、いつしか顧みられなくなってしまったが、つい最近、使われなくなった器官は世代を追うごとに、徐々に退化するかもしれない、すなわち用不用説の不用説に関しては正しそうだとの論文が出たので、今回はその話を紹介しよう。

オサムシ(亜科)という甲虫がいる。手塚治虫が愛した虫で、自らのペンネームにしたことをご存知の方も多いと思う。カタビロオサムシ亜族(科の下は亜科、亜科の下は族、その下が亜族、その下が属)の大部分の種は立派な後翅が生えていて飛べるが(乾燥地帯に生息する一部の種は飛べない)、それ以外のすべてのオサムシ(オサムシ亜科の大部分)は飛べない

ところが、飛べないオサムシの中にも後翅を持つものと持たないのがあり、後翅を持つものも、筋肉が退化しているので飛べないのだ。 名古屋大と広島大の名誉教授で長年にわたりオサムシの進化を研究している大澤省三を中心とするグループは、つい最近発表した論文で(Proc.Jpn.Acad.,Ser.B,Vol.94,360-371 2018)、同じ種に属する個体でも、生息環境が湿ったところのものは後翅がよく発達し、乾燥地帯に棲むものは退化する場合があることを見出した。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 池田教授ほんまでっか?否定された進化論「用不用説」が再浮上
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい