中国とは和解せず。経済戦争休戦明けの3月、トランプが下す鉄槌

shutterstock_1133938367 (1)
 

「2018年に始まった米中貿易戦争のせいで中国経済が悪化した」とされていますが、「貿易統計」の数値を解析すれば、実はこれより前から中国はGDP成長率悪化を誤魔化していたようです。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、日本の新聞各社が報じた近年の「中国の輸出入の増減値」を時系列で分析するとともに、今後の動向を詳しく解説しています。

減少に転じた中国貿易

米中貿易戦争が、米中覇権戦争に転化した2018年。「大変だ!大変だ!」といわれていますが、どうなのでしょうか?

その前に、中国経済の話。この国は、統計がいいかげんなので、なかなか経済の実態を把握することが難しい。それでも、たった一つ中国もウソをつけない統計」があります。「貿易統計」です。

なぜウソがつけないのでしょうか?相手がいるから。たとえば、日本の対中輸出額と対中輸入額、中国の対日輸入額と対日輸出額は一致していないとおかしいですね。だから、中国がウソをつけば、すぐバレてしまう。それで、貿易統計が、もっとも信頼できる指標なのです。こちらをごらんください。

中国税関総署が14日、先月の貿易統計を発表した。輸出額は2,212億ドル(約24兆円)で前年同月比4.4%減、輸入額は1,642億ドルと7.6%減った。事前の予想はいずれも増加だったが、輸出は9カ月ぶり、輸入は2年2カ月ぶりの減少で内需の減速が影響しているとみられる。
(朝日新聞DIGITAL 1月15日)

2018年12月、中国の輸出額は前年同期比で4.4%減った輸入額は7.6%減った

事前の予想はいずれも増加だったが、輸出は9カ月ぶり、輸入は2年2カ月ぶりの減少で内需の減速が影響しているとみられる。

これ、どうなんでしょうか?実をいうと、「だからどうだ」と正確にはいえないのですね。というの貿易統計がどうであろうと、結局中国政府は、「2018年GDPは6.X%成長した!」と発表するからです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 中国とは和解せず。経済戦争休戦明けの3月、トランプが下す鉄槌
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい