世界は先の大戦前に酷似。その「火種」は中東と日韓関係にある

 

米国もロシアとの中距離核戦力(INF)廃棄条約を破棄し、中東では、米軍が全面撤退をする方向になり、中東での戦争の危険も高まってきている。イランはイスラエルにいつでも侵攻できるという。

世界的に米軍が自国に撤退し、中国やロシアが出てくることになる。米国の穴を埋めるためにも、日独仏英が一緒に行動するしかないようである。その先に見えるのは、中央銀行バブル崩壊で経済混乱が起きて、戦争ですかね。嫌な予感がしてきている。

1929年の大暴落が、2008年のリーマンショックであり、その当時の新興国であるドイツと日本が今の中国とロシアであり、英軍が世界から撤退していた状態が、今の米軍の撤退であり、よく似ている。

1930年スムート・ホーリー法が、今の米中貿易戦争であり、1930年代後半により大きな経済危機になるが、それが今後のような気がする。そして、1941年に第2次大戦がはじまる。戦争になる予感は、歴史の位相が同じになっていることによる。

さあ、どうなりますか?

image by: Sagase48 / Shutterstock.com

津田慶治この著者の記事一覧

国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 国際戦略コラム有料版 』

【著者】 津田慶治 【月額】 初月無料!月額648円(税込) 【発行周期】 第1-第4月曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 世界は先の大戦前に酷似。その「火種」は中東と日韓関係にある
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい