中国に愛想よくする時間など日本には無い。今すべき事は何か?

スクリーンショット 2019-04-14 18.41.48
 

主義主張をすぐに変える人はあまり信用されなくなりますが、国家の付き合いの場合、それは許されることなのでしょうか。世界情勢や経済戦争でも、常に勝利できる側を見極め俊敏に渡り歩くことが、国の繁栄に繋がることもままあります。国際ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、世界最悪の独裁者の1人、旧ソ連のスターリンの戦略・戦術を分析しながら、「勝ち組」の思考・行動パターンを解説しています。

スターリンはなぜ勝てたのか?

皆さん、「世界最悪の独裁者をあげろ」といわれたら、誰をあげますか?結構悩むと思いますが、だいたい出てくる面子は同じでしょう。

ヒトラースターリン毛沢東

この3人は、「自国民を大量虐殺した」という特徴があります。だから、「善悪論」で、「彼らは最悪の独裁者」ということで、評価が定まっている。

ちなみに毛沢東は、「チャイナマネー」に遠慮してか、あまり批判されませんね。今の習近平さんは、「毛沢東にあこがれて彼のようになりたい」と考えているそうです。恐ろしいことです。

ちなみに「善悪論」ではなく、「勝敗論で見るとこの3人は違います

  • ヒトラー=負け組(第2次大戦で負けた
  • スターリン=勝ち組(第2次大戦で勝った。東欧、中国、北朝鮮を共産化させた)
  • 毛沢東=勝ち組(国共内戦に勝利して、中華人民共和国を建国した)

まあ、スターリン、毛沢東が勝ち組であること、日本にとってうれしいことではありません。しかし、今回は、「善悪論」「道徳論とは別の話です。

スターリンが勝てた理由は?

スターリンが勝てた理由はなんでしょうか?「戦略的に物事を考えることができたから」です。どういうこと?

1939年8月、スターリンは、ヒトラーと独ソ不可侵条約」を結びました。ヒトラーは、「ソ連共産主義を根絶する」ことを目標にしていた。だから(不可侵条約締結は)驚くべきことです。

ヒトラーはなぜ、ソ連と「不可侵条約」を結びたがったのか?彼は、ポーランドに侵攻しようとしていた。すると、イギリス、フランスがだまっていないでしょう。西からイギリス、フランスが攻めてくる。東からソ連が攻めてくる。そうなると、ドイツは困ってしまう。だからソ連と和解して、西、つまりイギリスフランスとの戦いに専念できるようにした。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中国に愛想よくする時間など日本には無い。今すべき事は何か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい