戦後人気だったある職業に就いてた人は年金受給額が高くなる

shutterstock_181962698
 

厚生年金において、とある職業の人だけは現在も年金額が通常よりも高めに支払われることをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では著者のhirokiさんが、職業によって年金額が変わる特殊な例を紹介しています。

過去にこの職業の期間がある人は厚生年金期間を優遇して通常より高めの年金を支払う

厚生年金計算をする時は今まで加入した月数と、給与(標準報酬月額)と賞与(標準賞与額)を使ってその人それぞれの年金額を算出します。

ちなみに年金には過去の法改正の急な変化を緩和するために、経過措置といって法律が変わってもそのまま過去の法律を使い続けるという事をしたりします。年金はこの経過措置がある為に大変な複雑な制度となっており、ここで大半の人がイヤになっていくわけですね(笑)。

最新の法改正情報を押さえるのはしなければならない事ではありますが、過去にどういう事があったのかを把握していないと年金受給者様との話が噛み合わなくなったりします。

なお、僕はメルマガでは1から年金計算をして最終的にはこうなるという事を示しますが、年金受給者様の年金については実務上はすでに年金事務所のパソコン上で年金額が確定しています。

よって年金事務所では、既に確定してる年金額がどうしてその年金額になってるのか?を追求するという逆のパターンになります。なんでこの年金額なのか?どうしてこうなっちゃってるのか?等…原因を探るという感じですね。その原因をひたすら突き止めるというか。

ちょっと話は逸れましたが、ちょっと今日は普通に加入した月数で計算してしまってはいけない事例で年金額を見ていきたいと思います。それは過去に船員とか炭坑夫(坑内員という)として働いていた人です。

この職業で働いていた人は、昔は戦前戦後の産業戦士として非常に過酷な労働者であったために年金を早めに支給したり、ちょっと加入月数に上乗せしたりして優遇されていました。特に石炭業は戦前戦後日本の経済を立て直すための要となった職業だったからですね。

まあ、昭和30年代になると石炭よりも輸入で安い石油のほうに代わっていき始めたので(エネルギー革命)、石炭業は急速に斜陽化していきました。そのために大幅な人員整理としての解雇が進められましたが、それに反対する労働組合と会社との戦いが繰り広げられたりしました。昭和34年の三井鉱山の三池炭鉱の閉山による三池争議という最大の労働争議はご存知の方も多いでしょう。

現代はストライキっていう言葉はあんまり聞かなくなりましたが、昭和30年代、40年代は大規模なストライキ(労働者が仕事に行かずに会社のやり方に抗議する。労働者が働かないから会社が困る)が多い時代でもありました。学生の闘争も各地で頻発していましたよね。

石炭業は昔は人気の職業でしたが、今ではもう過去のものになりました。

ところでよく就職活動時には「今」人気で有名の会社を狙って入社したら安泰と思う人が多いでしょうけど、人気だけで選ぶと将来斜陽化した時にクビになったり会社潰れたりして途方に暮れる事にもなります。年功序列、終身雇用の時代はとっくに終わったのであまり他力本願だとダメな時代であります。

会社だけでなく今流行りの婚活市場というのも年収年収!って基準が一番の女性なんかは、配偶者が失業したり病気して働けなくなった時に安易に離婚ですっていうからおままごとみたいに2~3年もしたら離婚に走る人が多くなってしまったのかなと思います。人生には浮き沈みがあるものなので、良い時ばかり見てはいけない。

おっと!そういう話はこの辺にしてこの記事では過去に船員や坑内員だった期間がある人の年金額を見ていきます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 戦後人気だったある職業に就いてた人は年金受給額が高くなる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい