ラノベ風ゲームも?再選を目指す台湾・蔡英文総統のユニークな秘策

kou20191107
 

いよいよ来年1月11日に迫った台湾総統選。一時は劣勢が伝えられていた蔡英文現総統ですが、香港でのデモの長期化で状況が一変、当選確実との声も上がっています。台湾出身の評論家・黄文雄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、アドベンチャーゲームをリリースするなど次々と新機軸を打ち出す蔡陣営の動き、そして相も変わらず展開される中国の揺さぶり等、選挙直前の「台湾の今」を紹介しています。

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年11月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【台湾】中国の懐柔策をはねつける蔡英文

これが台湾の選挙! 蔡英文総統、再選目指しラノベ風ゲームになる『ええっ! 台湾高校3年2組の私が突然異世界に迷い込んで総統に出会うなんて!?』

台湾の総統選挙活動がそろそろ本格的になってきました。呂秀蓮元副総統が出馬を断念したことで、蔡英文と韓国瑜の一騎打ちだとマスコミは騒いでいます。

台湾・呂元副総統が総統選への出馬断念

民進党の党内予備選で戦った頼清徳も、蔡英文の応援に回り、蔡英文再選へ向けて協力体制にあることをアピールしています。

蔡総統と頼氏がそろって選挙活動 党内予備選以来初/台湾

中国からの横やりもあの手この手で登場しています。最近も、台湾人向けの様々な優遇策を提示して台湾人を懐柔し、中国派支持に結び付けようとしていました。優遇策についての詳細は、以下の報道をご参照下さい。

優遇策は26項目からなり、さまざまな分野で中国の企業や個人と「同等」の待遇を受けられるようにするというもの。台湾の企業に対しては、次世代通信規格「5G」の研究開発や通信システム建設への参入、航空業への投資などを認める。個人では、不動産購入などで中国人と同じ待遇が享受できるとされた。

 

個人については、「台湾同胞は中華人民共和国の在外公館で領事における保護や支援を受けることができ、渡航文書の申請も可能となる」と明記された項目もある。

中国の台湾向け優遇策、総統府「選挙干渉」強く警戒

しかし、これに対して台湾の外交部は、「中華民国台湾は主権国家であり、領事権は中国と無関係だと言明。中国政府が代わって行使する必要はないとの立場を示した」、とのことです。

こうして、中国からの余計なお世話をはねつける一方で、国際社会へのアピールも忘れていません。その方法として、様々な新しいことにチャレンジしています。例えば、外国人観光客を総統府台北市に1泊招待するイベントの開催です。これは、外国人のネット上の有名人を対象にしたイベントです。当選した人は、総統府に宿泊した様子のオリジナル動画を編集して、自身のSNSで流すことが参加の条件となっています。

すでに第一回目の当選者は発表されており、その中には台湾在住の日本人ブロガー石井三紀子さんも含まれています。石井さんは、すでにミッションである総統府宿泊動画を自身のブログでアップしています。第二回目の応募も準備中とのこと。民間の力を借りて総統府をアピールしようという意図のイベントです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • ラノベ風ゲームも?再選を目指す台湾・蔡英文総統のユニークな秘策
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい