「幻覚も見えます」八尾市いじめ暴行事件、少女からの深刻な手紙

2020.01.27
523
20200124magtantei01
 

以前掲載の「探偵が見た八尾市小6女子いじめ暴行事件の大人達によるクズ対応」で、当事案に関する警察や学校サイド、教育委の呆れるほかない対応を暴露した、現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さん。今回阿部さんは自身のメルマガ『伝説の探偵』で、先日行われた「2度目の第三者委員会による報告」の内容を紹介するとともに、未だに誰も責任を取らないばかりか謝罪すらしない、事件に関わった大人たちの姿勢を改めて批判しています。

【関連記事】● 探偵が見た八尾市小6女子いじめ暴行事件の大人達によるクズ対応

メルマガのご登録により阿部さんの活動を支援することができます

 

再調査委員会が「学校のずさんな対応」を厳しく非難したことがニュースとなった。

本件については、2019年11月12日にMAG2 NEWS(まぐまぐニュース!)「探偵が見た八尾市小6女子いじめ暴行事件の大人達によるクズ対応」で記事を公開しており、被害側と連携しつつ、私は事件を追っていた。

八尾市いじめ暴行事件の概要

2018年2月14日、大阪府八尾市の萱振公園で当時小学4年生であった女子児童が、同級生の男子児童が螺旋状の滑り台の上で執拗な暴力を受け、指などを骨折する暴力被害を受けたというもので、もともと、この関係はいじめ被害者と加害者であったにも関わらず、喧嘩の延長と処理され、いじめとしての対応がなされず、結果、被害女児がPTSDや大人の対応から二次的被害を受けてしまったという事件である。前述の通り、「探偵が見た八尾市小6女子いじめ暴行事件の大人達によるクズ対応」で詳しくレポートした。

2度目の第三者委員会

今回は2度目の第三者委員会による報告が報道となった。よって、1度目の第三者委員会と区別するため「再調査委員会」で表記する。

1度目の第三者委員会は、被害側に知らされることなく立ち上がり、調査を開始してしばらく経ってから、もうやってますと被害者側は知らされた。これは、いじめ重大事態におけるガイドラインに違反するものであり、その調査も十分ではなかった。

いじめ防止対策推進法やいじめ第三者委員会についてのガイドラインなどでは、学校や教育委員会などによる第三者委員会の設置があり、再調査などではいわゆる首長(市であれば市長、県であれば県知事など)による第三者委員会を設置することができる。

今回は、八尾市市長も前任調査が不十分であろうことを認め、市長による再調査委員会を設けたのだ。

私が特に注目したのは、1度目の第三者委員会でも指摘されていた4年次担任教員が誤っていじめに関する指導記録などを廃棄していたことをどうするかであり、被害女児が相談し、その記録をノートいっぱいにつけていたスクールカウンセラーの記録や証言をどうするかであった。担任教員の誤廃棄は、隠蔽工作であろうと私は考える。その時期、そのトラブルの記録がなくなることはまず無い。ただ、こうした問題に報道は「誤って」なのだから、特別な問題はないのでは無いかと考えていたようで、これに触れる報道は当時なかった。

一方、スクールカウンセラーは確かに、当初は記録はあるとした。ところが、教育委員会を通じて、被害側が情報を求めたところ、記録はなかったことになったのである。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 「幻覚も見えます」八尾市いじめ暴行事件、少女からの深刻な手紙
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け