なぜテレビ番組を「卒業」?一般人が疑問に感じる芸能界の常識

shutterstock_1631301286
 

新型コロナウイルスの影響により、例年とは趣きの異なる卒業シーズンを迎えていますが、所定の学業を終えた人には心から「おめでとう」の声をかけてあげたいもの。そんな「卒業」について、あれこれ考察するのは、メルマガ『8人ばなし』著者の山崎勝義さん。山崎さんは、テレビ番組などで「お疲れさま」の声とともに「今日で卒業です」と送られる様子に芸能界の偽善を感じ、そこに面白みも見出していいるようです。

「卒業」のこと

卒業の季節である。本来、国語における卒業とは学校等で所定の学業を学び終えることである。この時、つまり卒業式などで「おめでとう」の言葉を以て祝すのは学籍にあるそれまでを半人前あるいは修行中と見なし、それを終えた以上は一人前に一歩近づいた筈だという判断からである。

この「半人前の状態から一人前に」というところが大事で、ここから派生して例えば「ニート生活を卒業して定職に就いた」とか「独身は卒業して身を固めることにした」といった表現が可能となるのである。

逆に言えば「サラリーマンは卒業した」という表現が日本語として適格文となるか不適格文となるかは現在の状態次第ということになる。つまり「サラリーマンは卒業して起業した」なら適格であり、「サラリーマンは卒業してニートになった」なら不適格ということである。一般論としてはこれでいい。

ただこれが芸能界の話となると事情は大分変わって来る。例えば「アイドルグループ○○を卒業する」といった表現はどうか。前述の通り、その後の展望が例えば女優業に専念するとかハリウッドに挑戦するとかならそれはステップアップと言えるだろうから、まず適格としても良いであろう。

仮にその後芸能界を引退するにしても、以下に述べるような理由を以て適格とできるのではないか。まずアイドルと呼ばれる人たちのほとんどが高校生か大学生くらいの年齢に当たる点を考慮すれば、特殊な芸能科のある高校か大学で学んだのと同等かそれ以上の経験を積んだと確実に言えること。

またアイドルのほとんどが芸能人としてのキャリアをアイドルとしてスタートさせるから、アイドルであるうちは半人前あるいは修行中であると言って差し支えがないこと、などである。以上二例に関しては「卒業おめでとう」と言ってあげられる。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • なぜテレビ番組を「卒業」?一般人が疑問に感じる芸能界の常識
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け