「彼は仕事ができないスタッフです」という紹介が絶対NGなワケ

shutterstock_1058494649
 

4月から新年度に入り、新しいスタッフや後輩を社外の方に紹介する場面が多くなっている方も多いかと思いますが、自社(自店)のスタッフをうまく紹介する方法はあるのでしょうか? どう転んでも良い方向にはならない「最悪な紹介」の仕方に注意すべきと語るのは、無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者で、接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。「最悪な紹介」の特徴と、うまく紹介する為のコツを伝授してくれています。

スタッフ紹介は“上げる”が基本

お客様との会話の中で、たまに、自店のスタッフを紹介することがありますよね。新人スタッフだけに限らず、すでにいるスタッフや異動でやってきたスタッフなど、「こういうスタッフがいますよ」という紹介をするような場面です。

販売職だけではなく、営業職などでも、同様のことはよくあります。皆さんも、一度や二度は経験されたことがあるのではないでしょうか。

こういう場面で、たまに、紹介するスタッフのことを下げて紹介する人がいませんか?

「〇〇っていうスタッフがいるんですけど、全然仕事ができないんで~」
「最近、入ってきた〇〇です。知識も経験も足りないんで~」

謙遜なのか何なのかはわかりませんが、その場に紹介するスタッフがいる・いないに関わらず、やたらとスタッフの印象が下がるような紹介をしてしまう人です。

これ、紹介の仕方としてはNGです。なぜなら、どう転んでも印象が悪くなってしまうからなんですね。

「あいつは仕事ができない」という紹介をされて、聞かされたお客様はどう感じるでしょうか? 感じ方はそれぞれですが、私がそう聞かされたら、

何でそんな人雇ってるの?
「そんなレベルでお店に立たせてるの?」
「教育ができてないの?」

と感じてしまうことでしょう。言い方によっては、聞こえない場所で悪口を言っているように聞こえてしまうかもしれません。

さらに、そんなことを聞かされても、「そうですね」とは言えませんから、リアクションにも困ってしまいます。もし目の前にそのスタッフも一緒にいたら、どうしようもないですよね。ただ気まずくなるだけです。

紹介されたスタッフもスタッフで、そんな風に紹介されてしまったら、テンションは下がります。お客様に対して、「こいつは仕事ができません」と紹介されて嬉しい人なんて一人もいません。お客様に対してもバツが悪いですし、紹介したスタッフに対しては不信感を抱くことになるでしょう。どう転んでも良いことはないのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「彼は仕事ができないスタッフです」という紹介が絶対NGなワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい