「女の子とうまく接する方法」を知れば、妻や彼女の扱い方もわかる

 

女の子ならではの時間を大切にする…簡単な方法

さて前回69号に紹介したように、女性は、身体的に変化する性で、さらに女性ホルモンによって精神的にもいろいろ影響を受けます。

しかも、女性は脳内つながりがいいので、瞬時に脳内でいろいろなことを関連づけ、結びつけ、それゆえ人間関係のことなどで悩み、不安定になりがちです。特に、10代までの女の子たちは、脳も発達途中で、いろいろなことに敏感になり、かなり揺れる年齢でもあります。

そんな揺れる女の子たちに「必要なことがなにか」というと、多くの本では、

◎安心感

◎愛され感

◎信頼感(自分が無条件に信じてもらえている)

を感じること、であるといっています。

そして、それが母親からもたらされることが特に重要だということも。

ちなみに男の子では、

◎安定感

◎自分ができる感

◎信頼感(自分ができるということを信じてもらえる)

だといわれていて、これには、父親の存在がとても大切になるそうです(詳細は、66,67号にて紹介しています)。

うーん、そうはいっても、なかなか大変そうで、どうしたらいいかと考えてしまいそうですが、女の子の場合は、むずかしく考えず、母親との、こんな時間を大切にするだけでもいいそうです。

「女の子の髪をすいて編んだりくくったりしてあげる時間」

えっ、そんなことでいいの? と思われるかもしれませんが、ここには、女の子の「喜ぶこと」がつまっているそうです。

いったいどんなことがつまっているのでしょうか?

こちらの本では、

出典名: 女の子って、どう育てるの?
著者: 川井道子

以下のようにいっています。

男の子の兄弟がいる場合

女の子である自分だけに認められた時間で、兄弟には味わうことができない時間だとわかっている

姉妹の場合

その髪を結ってもらっている間だけは、おかあさんを独り占めできる

そのほか、こんな喜びもあるそうです。

おかあさんが、鏡越しにじっとみつめて、じかに触れたり、優しく撫でてくれたりして、二人でおしゃべりできて、しかも可愛くなれる

この時間は、おかあさんと二人だけの時間が過ごせるし、優越感も持てるし、可愛くもなれるから、一石三鳥以上の喜びがあるのですね~

ですから、望まれれば、何歳になっても髪の毛を編んだり、結ってあげるというのはいいそうですよ(笑)

おかあさん方は忙しくて(特に朝は)時間がないので、そんなことができないこともあるでしょうが、たまには、時間をかけてゆっくりとしてみてくださいね。きっととても喜びますよ。

と、ここまで来て…この中に、女性が「喜ぶこと」が、確かにつまっていると気がつきました!

実は、女性は、大人になっても、大好きな人(夫や彼)と、

◎自分だけに認められた時間が持てる

独り占めできる

見つめ合う

◎じかに触れ合う

◎優しく撫でてもらう

◎楽しくおしゃべりする

◎しかも自分が、可愛くいれる

なんてことは、とても嬉しいことなんですよね。もちろん、喜びでもありますし(笑)。

女性がすねているとき、理由も分からず、プリプリしているようなときには、男性は、ぜひ、

「女の子と母親が鏡に向かって、二人で楽しそうに、髪の毛を結っている姿」

をイメージしていただき、その女の子のようにしてほしいのだと思い出していただき、女性に優しくしていただければ嬉しいです。

女性は何歳になっても、永遠に乙女なのですね~(かな?(笑))

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 「女の子とうまく接する方法」を知れば、妻や彼女の扱い方もわかる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい