ざわつく北朝鮮。「ハリボテ」ミサイルを侮れないこれだけの理由

fa0a283b-96c2-4feb-cf4d-dd4449cdac0c
 

年明けの1月6日、北朝鮮は「初の水爆実験に成功した」と発表し、世界中に不安を与えました。さらに28日、韓国政府関係者は北朝鮮が近々、長距離弾道ミサイルの発射準備に入った兆候があることを明らかにしています。軍事アナリストの小川和久さんは、メルマガ『NEWSを疑え!』の中で、北朝鮮が見せかけのミサイルを数年後に実用化してきた過去に触れ、「決して侮ってはいけない」と警告。北朝鮮の今後の国家戦略についても詳しく解説しています。

北朝鮮「水爆」実験の読み方

北朝鮮は2016年1月6日正午(日本時間午後0時半)、朝鮮中央通信の特別重大報道を通じて「初の水爆実験を成功裏に実施した」と発表しました。今回は、この問題をどう考えればよいか聞かせてください。

小川:「北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、政府声明として水爆実験で『小型化された水素爆弾の威力を科学的に証明した。水素爆弾まで保有した核保有国の列に堂々と立つことになった』などと強調し、『米国をはじめとする敵対勢力からの核の脅威に対する自衛措置だ』と実験を正当化しました」

「発表に先立つ6日午前10時30分頃には北朝鮮北東部両江道《リャンガンド》付近でマグニチュード4.3の地震があった、と韓国気象庁が発表。この地震波は日本の気象庁もとらえており、菅義偉官房長官は午前中の記者会見で北朝鮮が核実験を行った可能性があると述べました。同日、安倍晋三首相が発表した声明と、北朝鮮の特別重大報道を伝える朝日新聞記事のリンクを貼っておきます」

内閣総理大臣声明(平成28年1月6日 首相官邸サイト)

北朝鮮が「初の水爆実験に成功」と発表 特別重大報道で(朝日新聞)

小川:「当日夜、テレビ朝日『報道ステーション』に呼ばれた私は、こんな話をしました。一つは、安全保障の世界に『「安心してよい」という言葉はない』ということです。だから、日本は北朝鮮を決して侮ることなく、平和な状況をつくり出すために不断の営みを続けなければならない。ただし、マスメディアを含めて少なからぬ人が、すぐにも北朝鮮が水爆弾頭のミサイルを撃ち込んでくるかのような見方をしているのは違う。慌てふためいて大騒ぎする必要などない、ということですね」

「もう一つ強調したのは、北朝鮮はアメリカ研修組まできちんと活用しながら戦略的な動きを進めている。北朝鮮は、すぐにブチ切れて予測不能な事態を引き起こす国家でもないし、金正恩もそんな指導者でもない、ということです。そんな北朝鮮の戦略において、水爆がどんな位置づけにあるのか。私たちはここを冷静に見据えていかなければいけません。

水爆とはどんな兵器か

:私たちは水爆について、原爆よりも格段に威力が大きいという以外よく知りません。北朝鮮の戦略を解説する前に、そもそも水爆とはどんな兵器かを教えてください。

小川:「原爆も水爆も同じ核兵器ですが、両者は膨大なエネルギーを生み出す原理が異なります。原爆(原子爆弾)は、ウラン235やプルトニウム239などの核分裂反応によるエネルギーを利用した爆弾です。これに対して水爆水素爆弾)は、水素の同位体である重水素や三重水素(トリチウム)の核融合反応によるエネルギーを利用した爆弾です」

「あらゆる物質をつくる原子は、原子核とその周囲にある電子(電気的にはマイナス)からできています。原子核は、さらに陽子(電気的にはプラス)と中性子(電荷がない=電気的にプラスでもマイナスでもない)からなっており、異なる物質では陽子や中性子の数が違います」

「重い原子のうち不安定なもの(具体的には核分裂性物質と呼ばれるウラン235やプルトニウム239)が中性子を吸収すると、一定の割合で核分裂を起こすとともに中性子を放出します。この中性子が別の核分裂性物質の原子核に吸収されると連鎖反応が起こり、同時に大量の熱を出します。この『核分裂反応』が原爆の基本原理です。原子力発電の原理も同じで、原子炉の中では原爆と同じ反応がゆっくり少しずつ起こっています」

「軽い原子である水素の原子核(陽子)などは、きわめて高温高圧の状況下で、別の原子核と融合してより重い核になり、同時に大量の熱を出します。この『核融合反応』が水爆の基本原理です。太陽が燃えている原理も同じで、恒星の内部では水素同士が融合してヘリウムがつくられています」

「原子爆弾は、核分裂が連鎖的に進むと同時に爆発が起こり、核分裂性物質を飛散させてしまいますから、ウラン235やプルトニウム239の量をいくら増やしても、爆弾のエネルギーは500キロトンほどが限界です(広島原爆の33倍、長崎原爆の23倍)。しかし、核融合反応は物質を追加すればするほどエネルギーを大きくできます。そこでアメリカは、原爆を手にしたソ連に対抗するため水爆の開発に乗り出し、1952年11月に人類初の水爆実験を成功させました。1954年、静岡県焼津市のマグロ漁船『第五福竜丸』の乗組員23人が被曝したのはアメリカが太平洋のビキニ環礁で実験した水爆でした」

人類初の水爆実験のキノコ雲(マーシャル諸島
エニウェトク環礁、包括的核実験禁止条約機関所蔵)

「重水素や三重水素(これらは常温では気体なので、実際にはリチウムと化合させて固化した重水素化リチウムを使う)の核融合には、超高温・超高圧が必要ですから、起爆装置として原爆を使います」

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ざわつく北朝鮮。「ハリボテ」ミサイルを侮れないこれだけの理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい