そこまでやるか。安すぎるホテル「ウィークリー翔」のありえない戦略

shutterstock_448043491
 

1泊1900円からという圧倒的安さを売りするホテルが人気を集めています。そんな低価格を実現させたウィークリーホテルの、「顧客の協力で成り立つ」という業界では前代未聞とも言えるシステムと、徹底したコスト削減ノウハウを、無料メルマガ『MBAが教える企業分析』の著者・青山烈士さんが詳しく分析しています。

常識にとらわれない

圧倒的な安さで人気のホテルを運営している企業を分析します。

ウィークリー翔 (ウィークリーホテル)

運営しているのは「希望社」という岐阜県の企業です

戦略ショートストーリー

とにかく安さを重視される方をターゲットに「コスト削減ノウハウと過剰な利益を求めない文化」に支えられた「安い」「簡素という強みで差別化しています。

最低限のサービスと設備、備品のみを残し、顧客の協力を得ながらコスト削減を実現し、圧倒的な安さで、顧客の支持を得ています。

■分析のポイント

常識にとらわれない

一般的なホテルでは、

  • 24時間365日フロントにスタッフがいる
  • チェックアウトは、フロントのスタッフが受け付ける
  • アメニティグッズ完備
  • 部屋はトイレとバスルーム付
  • ゴミ出しはホテルスタッフが行う

といったことは、当たり前、つまり常識だと思います。しかし、ウィークリー翔は、これらをすべて満たしていません。一般的なホテルの考え方からすると非常識といえるでしょう。

常識というのは、顧客のニーズに応えていくことで定着化していくことが多いですから、顧客ニーズに応えようとすれば、常識に従う行動打ち手をとるのが自然です。

一方で、常識というのは、多くの人が望んでいるとは限らないという見方もあります。だからこそ、常識にとらわれないウィークリー翔のような企業が注目を浴びているのでしょう。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • そこまでやるか。安すぎるホテル「ウィークリー翔」のありえない戦略
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け