兄弟で苦節3年。魔法の鍋「バーミキュラ」が世界に羽ばたくまで

 

町工場から世界に挑む~炊飯器で作るローストチキン

名古屋市のレストラン「ルコネッサンス」で、「ライスポットを使った料理教室が開かれている。「下ごしらえだけ。あとはボタンを押すだけ。失敗しないです絶対に」と言うのは講師の安形元晴さん。そして鍋に入れたのは大きな肉の塊だ。

実はライスポットには調理モードがあり、ご飯を炊くだけでなく、いろいろな料理が作れる。この日のメニューはローストビーフ。1度単位で保温設定できるので、低温調理も楽勝。仕上げに焼き目をつければ、プロ顔負けの出来栄えに。誰でもローストビーフが作れる。

この簡単調理器で愛知ドビーは世界進出も目論む。失敗なく料理ができる「ライスポット」は、アメリカ人にも受け入れられるはず。

本気でアメリカ市場を取りにいきたい勝機はあると思っています」(智晴)

既に現地へスタッフも派遣し、準備をしてきた。この日はサンフランシスコでモニター調査。よく料理をするアメリカ人を集め、実際に「ライスポット」を使ってもらい、反応を見る。

「炊飯機能と調理機能が付いていて、とても簡単ですよ」と説明するのはアメリカ事業開発責任者の林正明。これまで見たこともない調理家電に、みんな興味津々だ。

この日作るのは、アメリカでは家庭料理の定番、ローストチキン。まず「ライスポット」で30分じっくり火を通し、その後、鍋だけ外してオーブンへ。こうすれば、外側はこんがり、中はふっくら、ジューシーなローストチキンに仕上げることができる。

「ローストチキンはいつもササミがパサパサになってしまうんだけど、これは柔らかくジューシーです。こんなにおいしいのは初めてです」「鋳物ホーロー鍋は使い方が難しいけど、これはボタンで温度管理できるからとてもいいと思う。ニーズは必ずあるね」と、評判も上々だ。

まずは今年9月、ネット販売からスタート愛知ドビーが世界へ羽ばたく

04

 ~村上龍の編集後記~

多くの中小企業は後継者不在という危機に瀕している。「愛知ドビー」は兄弟が協力して後を継ぐという理想型で再建された。

だが、その道のりは、厳しい、ではなく、「ほぼ不可能に近い」だった。

異業種出身の二人はあきらめなかったのではないあきらめることができなかったのだ

バーミキュラは革命的な鋳物ホーロー鍋で、料理人が変わったのではないかと錯覚する。さらにレシピの種類が、鍋が持つ可能性にまだ追いついていない。

兄弟は社名を変えなかった。「愛知ドビー」創業以来の、技術力への誇りが刻まれている。

<出演者略歴>

土方邦裕(ひじかた・くにひろ)1974年、愛知県生まれ。1997年、豊田通商入社。2001年、愛知ドビー入社。

土方智晴(ひじかた・ともはる)1977年、愛知県生まれ。2003年、トヨタ自動車入社。2006年、愛知ドビー入社。

source:テレビ東京「カンブリア宮殿」

image by: YouTube RIZAP(ライザップ)公式チャンネル

テレビ東京「カンブリア宮殿」

テレビ東京「カンブリア宮殿」

この著者の記事一覧はこちらから

テレビ東京系列で毎週木曜 夜10時から放送。ニュースが伝えない日本経済を、村上龍・小池栄子が“平成カンブリア紀の経済人”を迎えてお伝えする、大人のためのトーク・ライブ・ショーです。まぐまぐの新サービス「mine」では、毎週の放送内容をコラム化した「読んで分かる『カンブリア宮殿』~ビジネスのヒントがここにある~」をお届けします。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 兄弟で苦節3年。魔法の鍋「バーミキュラ」が世界に羽ばたくまで
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい