深い日台の絆。自転車メーカーGIANT創業社長が日本から受けた大恩

kou20181003
 

台湾が誇る世界的自転車メーカー「GIANT」。幅広いラインナップと品質の良さで日本でも人気となっていますが、同社の創業社長は「日本の方々には大恩がある」と言ってはばかりません。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、GIANT社長・劉金標氏と日本の関係について紹介しています。

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年10月3日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【日台共栄】世界最大の自転車メーカー「GIANT」がつなぐ日台の絆

今週から、NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」が始まりました。このドラマのモデルとなったのは、日清食品創業者である安藤百福とその妻・仁子ですが、以前、「『カップヌードル』発明者は台湾生まれ。即席麺がつなぐ日台の絆」でも紹介したように、安藤百福の旧名は呉百福、日本統治時代の台湾で生まれ育った台湾人でした(戦後、1966年に日本に帰化)。世界の食文化を変えた安藤百福は、同時に、日本と台湾の絆を象徴する人物でもあります。

そして、日本統治時代を経験した台湾人企業家には、安藤百福と同様に自らの会社を世界的企業に育て上げると同時に、日本への恩を語り継いでいる人物が多いのです。私は、新刊『世界を変えた日本と台湾の絆』で、安藤百福を含め、そうした台湾人・台湾出身者を紹介しました。

日本人の間ではあまり知られていませんが、そのような日台共栄の礎を築いてきた台湾人を日本政府は毎年叙勲しています。

台湾の叙勲者一覧【2005年春~2017年秋】

そのことは前述の拙著でも紹介していますが、今回はそのうちの一人である「キング・リューこと劉金標をご紹介しましょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 深い日台の絆。自転車メーカーGIANT創業社長が日本から受けた大恩
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい