ハズキルーペの売上急伸がヒント。「営業代行会社」起業のススメ

shutterstock_68977915
 

家電の営業代行として有名な「ライフマスター」という会社をご存知でしょうか。この会社が営業代行したことで、あの「ハズキルーペ」の売上が急激に伸びたそうです。このような営業代行システムは、他の中小企業にも需要があるとするのは無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』の著者・梅本泰則さん。梅本さんは今後「営業代行」の会社は急成長し、定年後のOBやリストラされたOBの受け皿にもなると力説しています。

ライフマスターに学ぶ新業態

日経MJ10月19日号に、「ライフマスター」の記事が載っていました。社員の平均年齢64歳の「家電の営業代行」会社です。この「ライフマスター」が営業代行をしたことで、あのハズキルーペの売上が急激に伸びたとあります。この記事を読んで、ピンときました。スポーツ用品業界も、こうした会社は作れます。実は、スポーツ用品業界も社員の高齢化が進んでいるのです。私が知っている範囲でも、定年間近の人が大勢います。

定年後は今までとは違った仕事をしたいと考えておられる方もいるでしょう。また、しばらくはのんびりしたいと思っておられるかもしれません。しかし、なかなかそうはうまく行かないものです。一流企業の幹部だった人でさえ、簡単に次の仕事は見つかりません。ようやく見つけた仕事が、駐車場管理や交通整理だったという話もよく聞きます。それが現実なのです。

そればかりではありません。スポーツ用品業界では、リストラが盛んに行われています。決して外資系のメーカーさんだけではありません。国内大手のメーカーさんも人員整理をしています。当然のことながら、整理の対象はベテラン社員です。この人たちは、次の職場を見つけられているのでしょうか。ひと事ながら、心配になってきます。

そんな時、「ライフマスター」のことを知りました。ライフマスターのグループ社員は、家電メーカーや量販店のOBが中心で、150人ほどいます。家電の営業代行だということですから、当然売り込み先は家電店です。こうしたスタイルの会社なら、スポーツ用品業界でもきっと出来ます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ハズキルーペの売上急伸がヒント。「営業代行会社」起業のススメ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい