NHKクロ現も紹介。「退職代行サービス」を利用せざるを得ぬ人々

shutterstock_1213434880
 

訳あって自分で退職届を出すことができない人が利用する「退職代行サービス」が、NHKの人気番組『クローズアップ現代+』で取り上げられ話題となっています。このようなサービスが成り立つ背景には何があるのでしょうか。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』で詳しく紹介されています。

退職代行サービス

あちこちでハラスメントが話題になっているこの頃、「退職代行サービス」なるものを知った。最近は、TVでも特集を組んだり、ネットで話題になったり…。なにより、「退職代行」とネット検索するだけで、たくさんの会社が広告を出しているのに驚いた。


新米 「この間、クローズアップ現代で『退職代行』っていうサービスのこと、見たんですけど、知ってます?」

E子 「それね、私も見たわよ。そういうサービスができているのは、知ってたけど、代行会社がそこまでたくさんあって、依頼する人もあそこまで多いとは知らなかったわ~」

大塚T 「辞めること位自分で伝えるべきだと思うけど、そういうサービスを使わないといけないってことは、相当な理由があるんでしょうね」

E子 対人関係に弱い人が増えているということもあるだろうけど、会社側にも問題があるんでしょうね」

新米 パワハラ上司がコワくて、退職願いを出せないとか、人手不足から代わりの人が入って、引き継ぎが完了しないと辞めさせてもらえないとかそういうのみたいです」

大塚T 「人手不足だから、退職届を受け取ってくれないっていう会社、のらりくらりとやり過ごす会社もあるって」

E子 「うつなど精神疾患の場合、復帰の意思がなければ、すぐにやめた方が良いケースもあるでしょうね」

新米 「対人関係が未熟だと、自分から退職を言い出せないこともあるんじゃないですか。僕だって辞めたいですっていうのは言いにくい…」

大塚T 「でも、辞めることくらいは自分で言ってほしいなぁ~」

印刷する

人気のオススメ記事

  • NHKクロ現も紹介。「退職代行サービス」を利用せざるを得ぬ人々
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい