どんなに強くても殺される。サバイバルゲームで判った戦争の怖さ

shutterstock_1113405461
 

サバイバルゲームで得られるもの、それはただ「遊びとしての楽しさ」だけではないようです。今回の無料メルマガ『セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術』では著者で現役精神科医のゆうきゆう先生が、自らのサバイバルゲーム体験を通じ、「自分だけは例外」と考えがちなコントロール幻想を解説するとともに、「平和の尊さをかみしめよう」と記しています。

サバイバルゲームで平和の大切さを知った話

こんにちは。ゆうきゆうです。

最近、サバイバルゲームというものに行ってきました。生まれてはじめてです。最近、リアル脱出ゲーム(謎解きゲーム)など、色々な遊びにチャレンジしておりまして、その一環です。友人の方に誘っていただいたので、試しに行ってみました。

そもそも現在、かなりの高頻度で「リアル脱出ゲームリアル謎解きゲーム)」に行っています。この3ヶ月くらいで、50近くの公演に行きました。これ、まったく予想すらしていませんでした。今までは「いい大人が何をしてるんだろう」と思っていましたが、やってみたら、いや、ものすごく面白い。たちまちハマってしまいました。

そのため、サバイバルゲームも、ハマるほど面白いんじゃないだろうか。そんな風に思っていました。そのときの僕の心は幻想に支配されていたと言っても過言ではありません。

サバイバルゲームの禁断のルール

さてとにかく、プレイしてみました。ルールはシンプルで、それぞれ、体から顔まで、完全防備です。特に顔には厳重な仮面をつけます。目には透明なガラスがついており、視界を保ちながら、顔への被弾を完全に防御する構造になっていました。この状態で、それぞれがエアガンを持ち小さな弾を撃ち合います

当たったかどうかの判定は、本人の感覚のみ。当たったと思ったら「ヒット!」と叫んで退場します。当たった場所は、全身どこでも同じです。頭だろうが足だろうが指先だろうが、体に当たったらヒットであり退場となります。そこから先の勝敗は色々なルールがあり、

  • 相手チームを全滅させたら勝ち
  • 相手チームの大将を倒したら勝ち
  • 相手チームの陣地に攻め入ったら勝ち

などなど…。とはいえ重要なのはたった一つで「敵の弾に当たらないようにして敵に弾を当てることができれば勝ちに近づくわけです。とてもシンプルです。

ある意味、サッカーやバスケットボールは、「敵の弾をゴールさせないようにして、敵のゴールに弾を入れる」というゲームですから、そう考えるとそれらに近いかもしれません。

最初に聞いたときは、「あぁ、楽しそうだな」と思いました。しかし実際にプレイしてみると、それとは違う、衝撃の事実に気づいたのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • どんなに強くても殺される。サバイバルゲームで判った戦争の怖さ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい