アルペンの逆襲。スキー客激減もアウトドア進出で復活の大逆転劇

2019.06.24
287
Image-258
 

スキー人気の凋落で瀕死の状態にあったアルペンですが、昨年から展開するアウトドア専門店が人気を呼んでいます。アウトドアという新たな鉱脈は、苦戦が続く同社をV字回復に導くのでしょうか。今回、フリー・エディター&ライターでビジネス分野のジャーナリストとして活躍中の長浜淳之介さんが、同社アウトドア旗艦店を現地取材。そこから見えてきた「明るい兆し」の数々を紹介しています。

プロフィール:長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ)
兵庫県出身。同志社大学法学部卒業。業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)、『バカ売れ法則大全』(SBクリエイティブ、行列研究所名儀)など。

アウトドアのトレンドにいち早く対応で視界良好のアルペン

アルペンが昨年4月より展開しているアウトドア専門店が好調だ。今年4月19日、千葉県柏市郊外のロードサイドにオープンした「アルペン アウトドアーズ フラッグシップストア 柏店」は、世界最大級という約2,300坪の売場面積に、450ブランド、商品数10万点と過去に類を見ない圧倒的な品揃えで人気が爆発。同社では「想定を上回るお客様にお越しいただき、売り上げも計画以上」(同社・広報)と喜んでいる。休日ともなれば車の渋滞を引き起こすほどで、店内には顧客が溢れかえっている。大規模商業施設「セブンパーク アリオ柏」の斜め前にある好立地も、集客に寄与している。

Image-256

アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア柏店

同社のアウトドア専門店には3つのタイプがあり、「マウンテンズというプロ向きの登山用品専門店が名古屋市と東京都練馬区に各1店、計2店。山でのアクティビティである、登山、トレッキング、バックカントリーなどの用品を揃えた。去る6月21日にオープンした練馬関町店は、「マウンテンズ」の新店で、同社のアウトドア専門店では都内初進出。470ブランド、4万7,000点の商品をセレクトしている。

アルペンマウンテンズ練馬関町店

アルペンマウンテンズ練馬関町店(6月21日オープン)

次に「アウトドアーズというキャンプ用品を中心としたファミリーがターゲットのカジュアルなアウトドア用品を販売するショップが、愛知県春日井市、京都府宇治市、香川県宇多津町、鹿児島市に1店舗ずつ、計4店ある。なお、春日井店が同社のアウトドア専門店の1号店で、160ブランド、5万点以上のアイテムで売場展開して大きな反響を呼んだ。

さらには、両方の商品を揃えた旗艦店フラッグシップストア」が、前出の千葉県柏市と、福岡県春日市にある。福岡春日店は売場面積は1,200坪あり、ブランド数350、商品数8万点以上を誇り、柏店に次ぐ迫力満点の大規模なアウトドア専門店である。

作業服専門店の「ワークマン」が昨年9月よりアウトドアにシフトした「ワークマンプラスを出店して爆発的な人気となっているが、スポーツ用品を販売してきたアルペンも、アウトドアに進出してどの店も集客好調とロケットスタートを決めている。異分野からのアウトドア参入が相次いでおり、成功事例が次々と出てきている状況だ。

【関連記事】● 作業服の「ワークマン」が始めた新業態に若い女性も殺到する理由

アルペンがアウトドアに取り組む理由としては、キャンプ人口山でのアクティビティを楽しむ人が増えている背景がある。一般社団法人 日本オートキャンプ協会がまとめた「オートキャンプ白書2018」によれば、17年に車で行くキャンプを楽しんだ人は840万人で、前年比1.2%増となり、12年の720万人から5年連続で増加している。団塊ジュニア世代を中心に家族でキャンプに行く人が増えていること、若い女性を中心にホテル並みのおしゃれな空間や食事を楽しむグランピングが定着してきたことなどが、好調の要因として挙げられる。このようなアウトドア体験はSNSで拡散されさらなる人気を呼んでいる

また、2020年の東京オリンピックで「スポーツクライミング」が新しく競技に加わるが、アウトドアで行われてきたことが一部屋内化していることも、アウトドア市場の拡大に貢献している。川下りの「ラフティング」を楽しむ大学生をはじめとする若者のグループも増えており、山でのアクティビティのバリエーションが多くなってきているのも、アウトドアには追い風となっている。

印刷する

人気のオススメ記事

  • アルペンの逆襲。スキー客激減もアウトドア進出で復活の大逆転劇
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい