「叱らない、怒らない」に傾きすぎた子どもの“弊害”が身に染みる。現役小学校教師かく語りき

Serious,Angry,Caucasian,Woman,Wearing,Casual,Clothes,Looking,At,Camera
 

叱る、怒る、ほめる。子どもの教育をするうえで、きちんと大人が考えなければいけない問題です。メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』の著者で現役小学校教師の松尾英明さんは、今回オンラインでの話し合いで気づいた、この3つの要素の使い方について語っています。

ほめる時、叱る時、怒る時

先の日曜日早朝にあった「学級づくり修養会HOPE」オンラインでの気付き。

叱るとほめるを分析する、というのが今回のテーマだった。みんなで話し合っている中で、様々な気付きがあったのでシェアする。

まず前提として、叱るとほめるは、表現こそ違うが同根である。相手が「良くなる」ことを願い、ねらって行われるべきものである。

これらがないと、社会的な経験のない子どもたちは何が良くて何が悪いのか判断がつかない。だから、両方必要ということになる。つまりこれらの行為は、そのまま価値観の形成につながる。

叱るだけでなく、怒ることがある。しかしこれは、多くの先人が「怒ったら負け」「怒らないことが人格向上」と言っているし、医学の面からも「怒ると脳内から興奮物質が出て、有毒」という話もある。

つまり、何があっても怒らない方がいいのだ、というのが早合点な結論であった。ここが、今回の話合いで、根本的に間違っていた点だと気付いた。

個人の人生として見た時は、断然怒らない方がいい。悠々自適に暮らしていく中で、怒ることは害悪でしかない。聖人君子や仙人のような、澄み切った気持ちで暮らすのが幸せだろう。周りの人にとっても、そのような人は有難い存在である。全くその通りである。

しかし、これがこと教える立場となれば、話が違う。先の述べたように「学校の先生」は、子どもにとって、外の社会の入り口、大人のロールモデルである。その大人を見て、社会を学ぶ。特に、自分が直接関わる、立場や年齢がずっと上の人との接し方を学ぶ。

(ちなみに、横の関係はクラスメイトや友人から学ぶ。ちょっとした上下のある人間関係は先輩後輩から学ぶ。)

print
いま読まれてます

  • 「叱らない、怒らない」に傾きすぎた子どもの“弊害”が身に染みる。現役小学校教師かく語りき
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け