アメリカは「永遠」の同盟国なのか? 歴史に学ぶ敵と味方のボーダーライン

kitano0506
 

アメリカでは日本の核保有容認発言で注目を集めたトランプ氏が共和党大統領候補の座をほぼ確実なものとしましたが、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは「日本が核武装すれば、アメリカを含めた全世界を敵にまわすことになる」と首尾一貫して主張し続けています。同盟国であるはずの米国が敵にまわる? 一体どういうことなのでしょうか。

アメリカは「永遠の同盟国」なのか???

核武装」の話をすると、毎回本当にたくさんのご意見をいただきます。まさに「賛否両論」。あまりにもたくさんメールをいただきますので、個別にお返事することが困難です。しかし、たくさんのメールを読んで、私は「ある傾向」に気がつきました。

日本は、「中国に対抗するため核武装を決意した。その時、アメリカはどう出るのでしょうか? この質問については、その時の大統領や世界情勢など、さまざまな要素がからんできます。しかし、

  • 日本の核武装に激怒したアメリカは、日本との軍事同盟を解消する
  • アメリカは、中国と組んで日本つぶしに動く
  • アメリカは、国連安保理を巻き込んで、対日本制裁を主導する
  • アメリカは、中国の尖閣、沖縄侵攻を黙認する

といった発想になる人は、全然いないのですね。つまり、日本人は、「アメリカ永遠の同盟国と信じている

  • 日米同盟解消
  • 反日米中同盟結成
  • アメリカ主導の対日経済制裁発動
  • 日中戦争勃発、アメリカ黙認

といった、明確に「アメリカが敵にまわるケース」を想定することができなくなっている。山のようにいただいたメールを読みながら、そういう傾向があることに気がつきました。

アメリカは「永遠」の同盟国。それは、日本が核武装しても不変。これは、真実なのでしょうか? 歴史をみれば、「そんなはずないだろう」と思います。

アメリカは、同盟関係を頻繁にかえる

少し歴史を見てみましょう。アメリカは、「同盟関係」「事実上の同盟関係」を、しばしばかえてきました。たとえば、1917年ロシア革命が起こり、世界初の「共産国家」ソ連が誕生した。ソ連は、「資本主義打倒」を目指して建国された。それで、アメリカとソ連は、「最大の敵同士」でした。

ところが、第2次大戦時。アメリカは、日本とナチスドイツをぶちのめすためにソ連と事実上の同盟関係になります。そう、アメリカはソ連と組んで、日本とドイツをせん滅したのです。

しかし…。2次大戦が終わると、アメリカとソ連は、戦争前の状態に逆戻りしました。アメリカはどうしたか? 戦中最大の敵だった日本、ドイツ西ドイツと組み、ソ連と対峙することにした。それでもソ連のパワーは強く、70年代は、「アメリカはソ連に負ける」といわれるようになります。そこで、アメリカはどうしたか? ソ連と同じ共産国家中国と組むことにした。

どうですか、これ? アメリカは自国の都合でコロコロ同盟関係をかえるので、「日本は永遠の同盟国だ」というのは、世間知らずの乙女のようにナイーブすぎます。

オバマさんも、結構露骨なことをしています。たとえば、中東親米国家の代表は、イスラエルとサウジですね。両国最大の敵は、イランです。オバマさんは、イランの核問題を解決することで、事実上イスラエルとサウジを捨てました。今、アメリカとイスラエル、サウジの関係は最悪になっています。中東で起こったことがアジアで起こらないと誰が言えるでしょうか?

印刷する

人気のオススメ記事

  • アメリカは「永遠」の同盟国なのか? 歴史に学ぶ敵と味方のボーダーライン
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい