NYの移民と話せば、日本に生まれただけで人生はイージーモード

移民 アメリカ 日本人
 

歯止めのかからない高齢化・少子化、広がる格差など、多くの問題が山積している日本。しかし、世界に目を向ければ「足のつくプールであることは明らか」と語るのは、メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』著者で米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEOの高橋さん。ニューヨークで聞いた、日本人には想像もできない、亡命者や移民の人々の辛すぎる過去と現実とは?

日本は足のつくプール、世界は溺れ死ぬ海

NYで生活してると、いつも思うのは「今の日本は足のつくプールなんだろうなぁ」ということ。

万が一、溺れることはあっても、溺れ死ぬことはない。なにをしたところで、300円台で牛丼が食べられる国は餓死したくてもできない。 結局、セーフィティなんだと思います。(しかも結構、美味しいし!)

(ただ平和すぎて「半年前の流行語を会話の中で使った」りした日には村八分、という違う怖さもありますが)

ニューヨークですらそう感じるのだから、内戦のある国や貧困問題を抱えている国の人だとなおさらだと思います。

知り合いのイスラエル人女性とお茶したところ、彼女は「母国に帰りたくない」と言います。 女性の徴兵制がいまだ存在するイスラエルには「怖くて帰れない」と。もう一生足を踏み入れることはない、とまで言いました。

毎年お盆のたびに、地球の裏まで里帰りしている僕からすると、「生まれ故郷に二度と足を踏み入れることはない」というのはどんな気持ちなんだろうと想像します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • NYの移民と話せば、日本に生まれただけで人生はイージーモード
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい