10月22日が試金石。前原代表は小沢一郎の「野党共闘」案を飲むか

 

前原氏も、ジャーナリスト、岩上安身氏(IWJ代表)のインタビューに微妙な答え方をしている

――あなたが代表になれば共産党と協力は終わるのか。

 

野党第一党の我々に協力してほしいと申しあげたらどうでしょうか。そのなかで安倍政権を倒すと」

 

――都民ファーストに近づくのでは

 

「都民ファーストは何をめざすのかよくわからない。私は共産党に対しても都民ファーストに対しても同じことを言っているつもり。われわれの理念、政策をどう考えていただけるかだ」

政策や理念で一定の理解をしてもらえるならどちらの党とも選挙協力はできるという、含みを持たせた発言といえる。

野党結集について柔軟に対応しようという姿勢は、人事に如実にあらわれた。枝野氏を代表代行に充て、選対委員長に長妻昭氏を起用するというのは、リベラル色も大事だと思っているからであろう。

さて、野党結集のゆくえを占う最初の政治決戦が10月22日に迫っている。青森、新潟、愛媛の衆院補選だ。

小沢氏は「民進党の新代表が野党結集と言ってくれれば、私も一生懸命にお手伝いします。いっぺんに各党が解散して新党というわけにはいかない。いずれは新しい集団をつくるという合意を得さえすれば10月は十分戦えると思う。ケチな話をしないで、まずは自公に勝つということだ」(激論! クロスファイア)と語る。

二大政党制の確立をめざし、いまだ非自民勢力の結集への情熱が衰えない小沢氏の経験と知略をうまく使える器量が前原氏にあるかどうか。今後の政局のカギはそのあたりだろう。

image by: Flickr

新恭(あらたきょう)この著者の記事一覧

記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 国家権力&メディア一刀両断 』

【著者】 新恭(あらたきょう) 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 毎週 木曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 10月22日が試金石。前原代表は小沢一郎の「野党共闘」案を飲むか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け