中国のiPhone「台湾の旗」で即クラッシュ。アップルへの圧力はあったのか

shutterstock_1135861316
 

先日掲載の記事内でもお伝えしたとおり、各国航空会社に「台湾」を「中国台湾」と表記するよう圧力をかけるなど、「一つの中国」のゴリ押しに余念がない習近平政権。今回、台湾出身の評論家・黄文雄さんが自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の中で、中国国内の一部のiPhoneで「台湾」と入力したり台湾国旗を表示するとクラッシュしてしまうというなんとも不可解な現象を紹介、黄さんはこの事態を「中国がアップルに依頼していたとしても不思議でなはい」としています。

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年7月18日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【台湾】中国に対して「Think different」できないアップル

台湾の旗でiPhoneがクラッシュ──中国政府に譲歩したアップルが生んだバグ

iPhoneで、中華民国の旗や台湾に関する入力をすると強制シャットダウンするというバグが発生したというニュースです。具体的にどのようなことなのか、以下、報道を一部引用してご紹介しましょう。

元米国安全保障局(NSA)の職員で、アップル専門のハッカーかつ「Digita Security」の創業者であるワードルは、それまでに被害妄想に取り憑かれた友人知人からこうした話を何度も聞いており、本人もだんだんそれを疑うようになっていた。

 

しかしその友人に直接会ってみると、彼は奇妙な現象を目にした。何かしらの理由で台湾の旗がiPhoneに現れると、それを表示したアプリが直後に落ちるのだ。

 

つまり、彼女に台湾の旗の絵文字を送りつけることで、誰でも簡単に携帯を意図的にクラッシュさせることできる。「わたしが彼女にこの『死の絵文字』入りのメッセージを送れば、彼女の携帯はすぐにクラッシュするのです」と、ワードルは言う。

 

それから数カ月、ワードルは絵文字の謎の解明に断続的に取り組んだ。その結果、彼が発見した(そしてアップルの修正の助けになった)のは、あのクラッシュが彼の友人のiPhoneを狙って行われたハッキングではなく、世界中すべてのiPhoneに含まれる検閲機能で起きた意図せぬバグだったということだ。それはまるで中国政府をなだめる試みのようである。

 

「つまるところ、アップルは中国の携帯に台湾の旗を表示させないためのコードをiOSに書き加えたのです」と、ワードルは言う。「そのコードにバグがあったわけです」

アップル社は、この記事に登場する人物以外からもいくつかの指摘を受けたようで、その後、「iOS 11.4.1で“Taiwan”とタイプしたときに特定の言語や地域設定を施したiPhoneがクラッシュする問題を修正した」そうです。

一部のiPhoneで「Taiwan」と打つとクラッシュするバグ。すでにiOS 11.4.1で修正済み

利用者が、この問題についてアップル社に問い合わせた際に帰ってきた回答は、「そうした事項は我々には決定権がないため、上層部に上げようにする」といったものだったそうです。大手企業の典型的な逃げ口上です。

かつてアップルのCMでは「Think different」というコピーで、世界に変革をもたらした人々を取り上げていました。そのなかには、マーチン・ルーサー・キングや、ガンジーなど、抑圧と戦った人々が取り上げられていましたが、その頃とはずいぶん様変わりしてしまったようです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中国のiPhone「台湾の旗」で即クラッシュ。アップルへの圧力はあったのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい