「年金いらないから今まで払った保険料を返してほしい」は可能か

shutterstock_161253986
 

少子高齢化問題などにより、「年金が貰えないのでは」と不安になっている方も少なくないようです。「年金はいらないから今までに払った保険料を返してほしい」と思ってしまうのも仕方のないことですが、そんな訴えは通用するのでしょうか。今回の無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では著者のhirokiさんが、保険料の返却は可能なのかを詳しく解説してくださっています。

もう年金は要らないから今まで支払った年金保険料返してほしい! は可能なのか

よく、年金の事に対しては批判的な話は多いですが、もう年金なんていらないから保険料返せ! っていうような声もありますよね。

ちょっと話が遠回りになりますが、2009年だったかギリシャが財政破綻しましたよね。今の日本もものすごい借金だからもう年金が貰えないと不安になってる人もいるかもしれませんね。

当時のギリシャと今の日本を比べるのもどうかと思いますが、ギリシャというのはかなり日本とは異なる状況にありました。ギリシャは国家財政の粉飾決算をしていて、つまり会社だとしたら儲かってないのに儲かってるように国が見せかけていた。借金がそんなにないよって話だったが、本当は物凄くあった。確かGDPの4%くらいとか言ってたのに本当は13.6%はあったという話。

で、ギリシャの国債の格付けっていうんですかね、信用がガタ落ちしたんです。この国の国債はヤバイとなって信用が無くなる。だから、国債を買う時っていうのは日本は信用があるからそんなに金利は高くなくて買ってもらえるけど、ギリシャは信用ガタ落ちで金利30%は付けてもらわないと買ってもらえなくなってしまった。金利30%も付けてお金返したら、3年ももたないうちに倍にしてお金返せって話になりますよね。

それじゃあ国としてやっていけないから、ギリシャの財政破綻となってしまった。まあ、その後ドイツやフランスが財政支援をしたんですが、ギリシャも努力せーよ! って話で、いろいろ経済を切り詰めるわけです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「年金いらないから今まで払った保険料を返してほしい」は可能か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい