いじめ探偵がNHKスペシャル出演で受けた、脅迫や嫌がらせの数々

2019.05.27
864
dt20190527
 

5月19日に放送され大反響となったNHKスペシャル「子どもの“声なき声”第1回 いじめと探偵~行き場を失った“助けて”~」。いじめの解決に執念を燃やす現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんの姿は全国の視聴者の胸を打ち、放送直後から応援メッセージが多数届く一方、いじめ問題の関係者からの脅迫や嫌がらせもあったといいます。今回のメルマガ『伝説の探偵』では阿部さんが、数々の嫌がらせの「証拠画像」を白日の下に晒しています。

メルマガのご登録により阿部さんの活動を支援することができます

いじめの根源と環境

5月19日、私はNHKスペシャル「子どもの“声なき声”第1回いじめと探偵~行き場を失った“助けて”~」に出た。この回は私を追ったドキュメンタリーで、名古屋市名東区の中1自死事件や山口県の大島商船高等専門学校でのいじめ事件を追った。

実はこの2つの事件は、加害側生徒関係者や学校関係者からの執拗な嫌がらせがある事件であった。

特に大島商船関係者の稚拙な嫌がらせは、この学校の自治や管理能力の他、関係者(大人)が実に脅迫的であることを認知していない酷いものだと言わざるを得なかった。

いじめの常態化は環境

人間は環境動物だという。

いじめが酷くなる学校はその環境に大きな原因がある場合が多い。一方で、いじめ加害を固定的に行い、常に被害者を生み出す人物については、その生育歴や家庭環境なども大きな原因の1つといえる。

つまり私に対する誹謗中傷や脅迫行為は、自死者までが出たいじめ常態化の環境の1つの特徴であり、それをしてしまう人物にとっては、許容範囲の正当な反応でもあるのだ。

今回は、こうした特徴を多くの方に知ってもらうため、敢えて放置し、その状況をレポートしたい。

印刷する

人気のオススメ記事

  • いじめ探偵がNHKスペシャル出演で受けた、脅迫や嫌がらせの数々
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい