アメリカで話題。新学期前の子を前向きな気持ちさせる15の質問

shutterstock_1421939684
 

12歳前後の子どもがとても多いアメリカ。それだけ悩みも多く、日本と同じように、新学期前には不安を抱える子どもが多く、各メディアが不安解消のヒントを発信しています。そんな中、『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でNY在住のりばてぃさんが、紹介してくれるのは、『ハフィントン・ポスト』に掲載された「子どもに聞くべき15の質問」です。新学期前に親の愛情を伝えて不安を取り除き、前向きな気持にさせる15の質問を順に解説してくれます。

アメリカで親が子どもに聞くと良い質問集

アメリカでは、2007年にベビーブーマーを超える赤ちゃんが生まれたベビーブームがあったということで、今、子どもたちの数はめちゃくちゃ多い。2007年に生まれた赤ちゃんは今は12歳。その前後も出生数が比較的多いので、小学生の高学年から中学生くらいの世代はかなりの人口がいるのだ。

特集でもお伝えしたが、人口も多ければ当然、市場規模も大きいので、「バック・トゥ・スクール」キャンペーンや寄付の呼びかけなど注目の事象が数多い。

そして、新たな環境で生活が始まる子どもたちのことを心配する親も当然のことながら多いので、何かしら勇気づけたり、少しでも不安を取り除くためのアドバイスもいろいろある。全国放送の朝のニュース番組でも、新学期を迎える子どもたちの不安はどう取り除いたらいいのか?に対する専門家の意見を伝えるコーナーを設けたりもしている。

ご参考:Back To School: Tips To Set Kids Up For Success

さらに人気キャスターから子どもたちへのアドバイスなども。

ご参考:Back To School Advice From CBS2: Chris & Mary

起床時間を調整するために調整しよう、不安を少なくするため事前に学校や授業のことを知っておくなど準備しよう、食べ物などに気をつけようなどアドバイスや体験談など含めて様々な関連情報が登場する。

せっかくなので過去にも一度ご紹介したハフィントン・ポストの記事が読んでるだけで、元気や勇気がわいてくる感動的なものが多かったので、改めて見てみよう。

ご参考:15 Back-to-School Questions to Ask Your Kids

タイトル通り、「バック・トゥ・スクール」を迎える自分の子どもに、どういう質問をすれば良いか?について書かれた記事で、子どもに聞くべき15の質問が紹介されている。それでは以下どうぞ。

[1]新学期で一番楽しみなことは何? What are you most excited about in the upcoming school year?

まず第一に新学期に向けて、一番楽しみにしていることや、最もエキサイトしていることを最初の質問で聞く発想は素晴らしい。この質問は、学校がはじまってからでも毎日でも聞ける

「一番楽しみなことは何?」 What are you most excited about in~?

と聞かれ続けた子どもは、自然に、自発的に、何が楽しみなのか考えるようになるので、子どものポジティブな意識(物事の良い面を観察する能力)を育むことになるだろう。

「新学期」の部分を新しい「プロジェクト」や「お得意先」などに置き換えたら、職場の上司と部下、あるいは同僚の間でもモチベーション・アップにつながる質問になると思う。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • アメリカで話題。新学期前の子を前向きな気持ちさせる15の質問
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け