【Feel so BAT!】凶暴ゆえに命を感じるアートな「釘バット」展

14
 

ゲームや漫画に登場する釘バットですが、そんな「武器」に、有名漫画家、レイヤー、メイドカフェの女の子が次々とドハマリしているのだとか。メルマガ『「まちめぐ!」吉村智樹の街めぐり人めぐり』では、おそらく日本で唯一の釘バットアーティストとその作品を紹介しています。

Feel so BAT! おそらく日本唯一の「釘バットアーティスト」

釘バットをかまえるこの男の正体は、いったい……。

釘バットをかまえるこの男の正体は、いったい……。

今回は今年(2015年)2月と10月、ともに名古屋で開催された「釘バッ展 名古屋」「釘バッ展 名古屋2」の模様をお届けしたい。

「釘バッ展」とは「釘を打ちこんだバットの展覧会」のこと。ちまたでは日々さまざまな美術展が催されているが、これほど凶暴性をおっぴろげに可視化したエキシビションはそうそうないだろう。

2

開催場所は、2月は大須。場所は築古木造の美容室の屋根裏部屋にある、その名の通りおどろおどろしいムードが漂う怪奇雑貨画廊「化け猫屋敷」

商店街のはずれの、さらに2階部分が会場。

商店街のはずれの、さらに2階部分が会場。

 

4

ギャラリーがある「化け物屋敷」へはいったん美容室に入らねばならないというハードルの高さ。屋敷内は壮観なる地獄ぶりで、ぜひ取材をさせてほしかったが、残念ながら撮影禁止。

10月は名古屋駅前の歓楽街。妖気から打って変わってご陽気に、刺身や鍋など和食もいただける奇特なメイドカフェ「PaletteMaidcafe(パレットメイドカフェ)」

ガレージ感の漂う呑み屋街に唐突なメイド服。

ガレージ感の漂う呑み屋街に唐突なメイド服。

 

天然真鯛の刺身や鍋料理など割烹なみに和食が味わえるユニークなメイドカフェ。メイドさんとのフォトは、ムール貝の白ワイン蒸しと同じ値段。「釘ラーメン」は、釘バットの作者自らが腕を振るう釘バッ展開催期間の限定商品。

天然真鯛の刺身や鍋料理など割烹なみに和食が味わえるユニークなメイドカフェ。メイドさんとのフォトは、ムール貝の白ワイン蒸しと同じ値段。「釘ラーメン」は、釘バットの作者自らが腕を振るう釘バッ展開催期間の限定商品。

両極端ではあるが、どちらも一瞬、足を踏み込むのに戸惑いをおぼえるという点では共通する。近寄りがたいまでに変貌を遂げてしまったバットを展示するには、どちらも格好のバッターボックスだ。

陳列された「釘バット」の数々には、「う……」と固唾を飲んでたじろがずにはおれない。釘バットはよく「Spiked bat」の名で海外の不良格闘ゲームのバトルアイテムとして登場するが、現物を見たことがある人はきっと少ないはず。

化け物屋敷の2階に展示された釘バットの数々。

化け物屋敷の2階に展示された釘バットの数々。

8

作品には実際に触れることができた。

作品には実際に触れることができた。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【Feel so BAT!】凶暴ゆえに命を感じるアートな「釘バット」展
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい