知りすぎなければ裏切られない。プロが教える人間関係の作り方

shutterstock_140943556
 

ビジネスパートナーであれ、プライベートな関係であれ、食事や飲み会などと口実をつけて人の過去を根掘り葉掘り聞いてくる人っていますよね。信頼関係を築くためと言えば聞こえはいいですが、無料メルマガ『ビジネス発想源』の著者・弘中勝さん曰く、「相手の必要な情報だけを得て、それ以外はノータッチ。知らないことがあるのが当たり前だという意識で付き合った方が、人間関係はスムーズ」とのこと。一体どういうことなのでしょうか?

見えない一面

私はかなりの人間不信です。

でも、「他人を全く信用しない」という意味ではなく、「見えるものだけが全部じゃない」「見えるもの全てが本当というわけじゃない」という感じの意識です。

よく、気心の知れた友達や仲間のことを「俺はあいつのことを全て理解しているし、向こうもそうで、分かり合っている」と自慢げに話す人がいます。でも私は、そんなことはまずないと思います。

たとえ何十年一緒に育った父母や子供たちでも絶対に分からないことがあります。それは、隠しているということではなくて、「表に出ていない」ということです。

裏表がある、ということもありますが、表しか見ていない人には、裏の全てが見えているわけがないのです。そして、それを決して悪いことだとは思わず、「そういうものだ」「それが普通なんだ」と理解しておく、それが私のいう、いわば肯定的人間不信です。

例えば、殺人事件や誘拐事件などが起きた時に、その犯人の自宅の近くの人たちのインタビューで「普段は真面目そうな人だった。とても人を殺すような人間には見えなかった」などというお決まりの話がありますが、あんなのは当たり前です。「私は人を殺すような人間ですよ」というオーラを出しているような人って、いるはずがないし、そんな発言をしている近所の人たちも、人を殺す人はどんな人間なのかということなんて正確に分かっているわけがありません。「まさか人を殺すような人だったなんて」という感想は、あまり意味がないのです。

恋愛なんて特にそういうことでこじれやすく、「あなたがそんな人だったなんて!」とか「おまえにそんな過去があったなんて!」みたいなことで衝突してしまいます。でも、「そんな人」とか「そんな過去」とかは、聞かれなければわざわざ表すことでもないし、本人だって忘れていることだってあるし、分からないこと、知らないことがあって当然です。

それを、自分が見たり聞いたりしたものが全てだと思い込んで、自分の知らないことを知らされたら「裏切られた」などとショックを受ける。でも、たとえどれだけ親しい恋愛相手でも、「まあ知らないことはいくらでもあるだろうな」という摂理を知っておけば、「裏切られたなんていう感情は起こらないのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 知りすぎなければ裏切られない。プロが教える人間関係の作り方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい