探偵が脅迫覚悟で暴露。女子中学生髪切り事件の驚くべき異常事態

dt20190311ec
 

以前掲載し大きな反響があった「探偵が激怒。女子中学生髪切り事件の黒塗りだらけな調査委員名簿」では、事件が起きた山梨市の学校関係者や教育委員会の異常性をお伝えしましたが、さらに驚きの新展開があったようです。今回のメルマガ『伝説の探偵』では現役探偵で当事件の被害者に寄り添い続けている阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんが、脅迫を受けること覚悟で「山梨市の異常な教育自治」を暴露しています。

【関連記事】● 探偵が激怒。女子中学生髪切り事件の黒塗りだらけな調査委員名簿

山梨、髪切り事件に新展開が!異常な教育自治が明らかになる

2019年2月26日、前日あたりから情報は入っていたが、驚くべき事態が起きた。多くはこう報道された。

山梨県山梨市教育委員会は、市立中学校で2016年6月に当時2年生だった元女子生徒が女性教諭に校内で髪を切られた後、不登校になった問題を調査した第三者委員会の最終報告書を公表した。本人から髪を切る同意を得ていたが、保護者への事前確認を怠り、美容院へ行くよう促すなどの代替措置を取らなかった点などを「不適切な対応だった」と指摘した。報告書によると、元生徒はいじめアンケートに体のにおいに関する周囲の反応を記載。

はっきり言うと、重要な点が全く違うのだ。この報道のみ見れば、まるで髪切りの被害者はモンスターに思えてしまうだろう。

第三者委員会黒塗り開示事件

そして、この髪切り事件は、そもそも第三者委員会のメンバーが黒塗りで表示されていたことが問題となっていた。被害側は、これを不服として審査請求をしていたが、結果的に開示されている。

20190311_abe01

1.の人物については、当時の被害側についていた弁護士の事務所の近くに事務所を構えているそうだが、それ自体は問題とならないだろう。

2.の人物は問題山積みである。この人物は被害者側が相談していた機関の職員であり相談員の直属の上司であった。センターでは問い合わせはないとしているが、中にいる人間がいちいち問い合わせをするであろうか…。

3.の人物は、スクールソーシャルワーカーの派遣元の所属であり、存在としては近いと言える人物である。

4.の人物は、確かに心の専門家であるが、小児脳神経学が専門であり、本件事案に係る問題との専門性については」がつく。

審査請求に関する答申によれば、山梨市教育委員会が、「学校事故詳細調査会名簿」を非公開にした大きく2つの理由(公開すると圧力をかけらる、個人情報である)についてを認められないとしており、調査委員の氏名が公表された場合に前述2.にあたる人物について「相談支援業務に支障がある」または「調査委員を続けられなくなる」について蓋然性があるとは言えず、これら特定によって不利益が生じるようであれば、それは「そもそもの人選に問題があったに過ぎないとしている。

つまり、山梨市教育委員会が名簿を公開しなかったのは、それが明らかになることで、人選問題が発生することを予め分かった上で、被害者側への公開を拒み、黒塗りにしたのである。

さらに髪切り事件から不登校に至った後に立ち上がった中学校の調査会はもっと酷いものであった。なんと髪を切った教員といじめに関する指導本件では被害者に対する人種差別問題も大きく絡むにおいて差別的発言をしていた教員もこの委員会の構成メンバーとなっていたのだ。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 探偵が脅迫覚悟で暴露。女子中学生髪切り事件の驚くべき異常事態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい