トランプが「口撃」開始。現実味を増してきたEU崩壊のシナリオ

shutterstock_189278438
 

EUトゥスク大統領のトランプ新政権に対する発言が波紋を呼んでいます。トランプ氏がEUに批判的な姿勢を示しているとはいえ、なぜトゥスク大統領はここまでアメリカの動きを警戒しているのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で世界情勢に詳しい北野幸伯さんは、そもそもアメリカの一極体制を潰したのはEUであり、トランプ大統領はEUの崩壊を心底願っているとの見方を記しています。

トランプは、EU崩壊を願う?

就任早々、いろいろと騒ぎを起こしているトランプさん。彼について、EUのトゥスク大統領は、こんな衝撃発言をしています。

EU大統領、「トランプ米政権は脅威」 中国やロシアに匹敵

CNN.co.jp 2/1(水)10:05配信

 

(CNN) 欧州連合(EU)のトゥスク大統領は31日、米国のトランプ政権を中国やロシアと並ぶ「脅威」と位置付けた。欧州で多くの人が思っていたことを口に出した形で、米国とEUの亀裂が一層深まる可能性もある。

なんと!トゥスク・EU大統領によると、トランプ政権は、「中国やロシアと並ぶ脅威」だそうです。どういうことでしょうか?

トゥスク大統領はEU加盟国に宛てた書簡の中で、トランプ政権を中国やロシア、テロリズム、イスラム過激派と並ぶ脅威と位置付け、「米新政権による憂慮すべき宣言の全てが、我々の未来の不確実性を高めている」と指摘。「米政府の変化によって、欧州連合は困難な状況に立たされている。新政権は、過去70年間の米国の外交政策に疑問を突き付けているようだ」と分析した。

一体、トランプさんのどの辺が、トゥスクさんを心配にさせるのでしょうか?

トランプ大統領は北大西洋条約機構(NATO)を「時代遅れ」と切り捨て、EUの28カ国を「ドイツのための乗り物」と形容。実業家だった時代はEUとの間で「非常に悪い経験」をしたと発言していた。
(同上)

トランプによると、

  • NATOは、「時代遅れ」
  • EUは、「ドイツのための乗り物」

だそうです。

こうしたトランプ大統領の発言はEUをないがしろにするだけでなく、NATOの弱体化を望むロシアを利することになり、欧州と米国の同盟関係に緊張を生じさせかねないとの懸念もある。
(同上)

ロシアを利する」。まさに、これですね。トゥスクさんは、ポーランド人。ポーランドは冷戦時代、実質ソ連の支配下にあった。1989年、ベルリンの壁崩壊。1990年、東西ドイツ統一。1991年、ソ連崩壊。これで、ソ連から完全解放された。

ところが、今度はロシアが強くなってきた。14年3月には、クリミアを併合してしまった。それで、旧ソ連のバルト三国や、ポーランドは、「次は俺の番か!?」と恐れているのです。

トランプは、ポーランドにとって最大脅威のプーチン・ロシアと和解する」と公言している。それで、トゥスクさんは、恐れている。わかりやすく書くと、

  1. トゥスクさんは、プーチン・ロシアを恐れている
  2. そのプーチンとトランプは、相思相愛である
  3. だからトゥスクは、トランプも恐れている

となります。

NATOとEUの根本的違い

トゥスクさんの意見では、「トランプは、NATOもEUも軽視している」。しかし、トランプの本音は、「NATO重視」「EU軽視」でしょう。

トランプは1月27日、イギリスのメイ首相と会談した際、「NATOを100%支持する!」と断言しました。一方で、イギリスがEU離脱をきめたことについては、「素晴らしいことになる!」と絶賛しました。「ブレグジット」でEUが崩壊の危機に瀕している件について、「素晴らしい!」と絶賛する。

NATOとEUに対するこの態度の違いは何でしょうか? NATOとEUは「支配者」が違うのです。NATOはアメリカが支配する反ロシア軍事同盟」です。EUは事実上ドイツが支配する経済同盟」です。いえ、トランプから見ると、「反アメリカ経済同盟」でしょう。だから、「潰してしまえ!」と彼が考えるのは、当然なのです。

「え~~、意味わかんないぜ~~~」ですね。説明します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • トランプが「口撃」開始。現実味を増してきたEU崩壊のシナリオ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい