花の香に例えて知る、感情や言動が無意識に部下や子に与える影響

shutterstock_419750392
 

私たちは日々様々な香りに包まれて生活しています。その香りの中には快いものも、不快に感じるものもありますが、意識的にどちらか一方を選択または排除することはできません。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では著者で現役教師でもある松尾英明さんが、香りを起点に、好むと好まざるとにかかわらず周囲に与えてしまう、または受けてしまう影響について考察しています。

花の香を意識する

当たり前だが、花屋は、様々な花の香りが溢れている。花の香は、周り全体に及ぶ。今目の前にある花の香りだけを感じるということはない。様々な香が入り混じって感じられる。ただし、薔薇のようにより香りの強いものが強く感じられるということはある。

つまり、嗅覚という感覚は選択ができない。たばこが嫌いだからといって、その臭いを感じたくない人が煙を吸っても臭いを感じないという類のものではない(むしろ、吸わない人ほど敏感に感じ取ってしまう)。周囲へのセンサーとして自然に感じるものである。自然界において、嗅覚は命を守る上で重要な感覚だからである。

これは、聴覚や視覚にもいえる。聞きたくない音も聞こえるし見たくないものも見える。ある特定の音やものに注目することはできるが、全く他の情報が入らない状態というのは難しい。

例えば、路上でタクシーが突然大きなクラクションを鳴らしたとする。どうやら、前にいる歩行者が邪魔だったようで、威嚇したようである。この運転手にとっては、威嚇対象は目の前にいる特定の歩行者(人物A)である。

しかしながら、クラクションの脅威に晒されたのは、周囲にいる全ての人間である。みんなが大変不快な思いをする。中には、心臓の悪い人もいたかもしれないが、そんなことは運転手にとっては知ったことではない。

眼前の人物Aという「悪」に対して大音量のクラクションという「正義の鉄槌」を下しただけ、という意識なのである。「俺の車の前をたらたら歩いているこいつが悪い」という、大変狭く一面的な正義」である。周囲の罪のない被害者が文句を言いにいっても「あなたには別に恨みも用もない。放っておいてくれ」と言うに違いない。

視覚に関しても同様。例えば、街中を全裸で歩いている中年の男がいたとする(普通いないが)。当然、即刻逮捕される。

男は言う。

「別に誰かに見せようとしていた訳じゃない。この格好でいたかっただけだ。誰にも迷惑はかけてない

この言い訳は成り立つか。

当然、成り立たない。なぜなら、見たくない人も見てしまうからである。視覚情報も選べないのである。目に入ったものは感じてしまう。不快である。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 花の香に例えて知る、感情や言動が無意識に部下や子に与える影響
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい